【だからアナタは稼げない!】否定から始まる損思考

      2017/05/01

拒否、否定する様子

今回はあなたに、『物事に対し「否定から入る」と損ばかりして実にもったいない』というお話をします。

物事に「否定」から考える人は、自分が損する事に気づいていない

先日、「アフィリエイトはやめろ!」というセミナー動画を見ていた時のこと。講師が何か言う度に否定的な意見や質問を繰り返して進行を停めてしまう中年男性がいました。

会場の空気も悪くなり、恐らくその彼自身も得たものはほぼ無かったと思います。

あらゆる場面において、固定概念に囚われ本質を理解しようとしないと成長の機会を自ら摘むことになります。




「アフィリエイトはやめろ!」という動画を観ていた時の出来事:詳細

その時のことをより詳しく述べていきます。

たまたま見つけた「TheDOMINO」というウェビナーサイトを運営されている森公平さんの「〜アフィリエイトはやめろ!〜2016年最注目のコンテンツライター養成セミナー」という動画を観ていました。

内容は、「サイトやブログがそれほどなかった時代に比べ、成熟した今の時代トレンドブログの様なサイトは、広告収入で利益を出しているグーグルにとってはスパムみたいなもので、いつアドセンスを停止にされるかわからない(実際に停止されている例もある)。ただアフィリエイトをやっても儲からない。これからの時代にネットビジネスで必要とされるのはコンテンツライナーとしての能力です。」というものです。

グーグルが特定の内容に特化した価値のあるサイトを重要視するというのは前々から言われていたことで、グーグルに出稿する企業にとって自社製品のニーズがない人に広告を表示されても売上に繋がらないので、これは理に適った話です。

「否定」から入る事で思考停止に陥る

ところがその動画を進めていくと、森さんが発言をする度に、悉く(ことごとく)否定的な意見や質問をしては進行を停めてしまう中年男性がいました。

会話も噛み合わない事が度々あり、建設的な異見ではなく頭ごなしの否定も見られました。仕舞いには「アフィリエイトはやめろ!というタイトルと内容が違うじゃないか」とイチャモンまでつける始末。

正直観ていてこの方にイライラしましたし、「よくこの動画を編集せずに公開したな」と感心もしました。1時間ちゃんと観た自分を褒めたいくらいです 笑

よくよく内容を聞いて、言わんとしている本質を理解すれば何も違わない事がわかるのですが、否定から入ってしまった彼はその時点で思考停止してしまっているのでそれがわからなかったんですね。

否定から入るので嫌われる=損

当然、その会場の雰囲気も悪くなっていくのが観ていて感じ取れました。

森さんは「後で個別に」と上手く進めていましたが、私だったらこの人に有益な情報を与えるのは躊躇い(ためらい)ます。

人間である以上感情があります。「返報性の法則」や「好意の法則」の話を以前しましたが、基本的に人間は良い感情を向けられたら良い感情を返そうとするし逆もまた然りです。

周りに悪態をつき、話を聞かない、自己主張ばかりする人には中々味方も現れづらいでしょう。その結果、自分に実は訪れていた数あるチャンスの多くをみすみす逃しているかもしれません。

【だからアナタは稼げない!】否定から始まる損思考:まとめ

以前 「抽象化と具体化」という思考に関しての話をしました が、言葉の額面だけを追っても「その人が何を言わんとしているのか」は理解できません。

反論は「いったん話を受け止めてから」の習慣づけをする

更になんでも否定から入り相手の話をよく聞こうとしないと、そもそもの判断材料が足りないため、どんどん本質から遠ざかり的外れなことを言ってしまいます。

まずいったん受け止め内容を吟味し、「違うな」と思う部分には自分なりの理由や根拠を沿えて話せば、それは否定ではなく立派な反論ですので議論が成り立ちますし、より深い内容に話が発展するかもしれません。

(反論する際の口調などにも配慮できると尚良いですね)

加齢とともに話を聞けなくなる場合もある

「齢を取って丸くなった」という話もありますが、加齢と共に脳の弱る部分によっては逆に怒りっぽくなったり話を聞けなくなる事も多い様です。

特に男性は話を聞くのが苦手で自分の話ばかりしたがる人が圧倒的に多いです。女性との会話では脳や観点の違いからこの傾向が顕著に表れやすいので注意が必要です。もしあなたが男性であれば、予め「いま自分は話が聞けているか?」を意識しておくと良いかもしれません。

いずれにせよ、話してくれる相手に敬意を払った上で『この機会を活かそう(元を取ろう)』というスタンスが損をしないコツです。




 

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 自分に対する思考・マインド , , ,