決意を新たにするのは無意味って本当?より重要なのは○○

 

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は【「決意を新たにするのは無意味」は本当?】と、【「決意」よりも大切なのは「○○」】という話をします。

人を変える3要素「時間配分」「人付き合い」「住む場所」の変化、「決意・覚悟」のイメージ画像

(画像:Teaching Othersによる自作)

人間が変わる方法は ①「時間配分を変える」 ②「住む場所を変える」 ③「付き合う人を変える」 の3つしかなく、最も無意味なのは「決意を新たにすること」である という言葉を目にしたことはありませんか?

この言葉に対して納得する部分と、「本当にそれだけかな?」と思う部分があるので持論を述べていきます。

人間を変える3つの方法(要素)とは

まず上記の人間を変える3つの方法とは、【大前流「自分を変革する」3つの方法】として元マッキンゼー日本支社 社長、現ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長の大前研一さんが著書で提唱されたものです。

自己啓発や人生の転換、自己成長の方法について語られる際よく引用されています。

私も 成功する人は「どちらに進むべきか」の基準を持っている という記事を書いた時に引用させて頂きました。

人間が変わる方法は3つしかない。

  • 1番目は時間配分を変える。
  • 2番目は住む場所を変える。
  • 3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

より具体的に言うと、いかの内容になります。

  1. 時間配分を変えるとは、1日の中で睡眠や食事、仕事以外の余った時間を認識し、「やりたいこと」「やらなければならないこと」に充てること。これによりリーダーシップや思考法、教養を勉強したりプレゼンテーションの練習をしたりと自己改造・自己研鑽に充てられる
  2. 住む場所もしくは通勤通学ルートを変えることで、通勤時間の短縮など無駄なエネルギーや時間を使わないことにつながる。また時にはあえて最短距離ではない道を通ることで普段と違ったものが見えてくる。目と頭が回転し新たな発見がある
  3. 違う業界の人、自分と合わない人など「自分と発想が違う人」と付き合うことで刺激が得られる。すると自らの発想力も磨かれる

これらは確かに理に適っていると思います。

しかし、では「決意を新たにする」の方はどうでしょう? 本当に無意味でしょうか。

 

大前さんの意見では

多くの人が『今年こそは』と新年の決意をするが、それぐらいでは人は変わらない。決意の無駄打ちをするよりも変えることがある(それが上記の3つ)」

ということですが、私はこの3つを変えるためにも最初に決意が必要だと思うのです。

 

方法を知っていても多くの人間が変われない理由とは

「人間を変える3つの方法」については紹介しましたが、これらの方法を見て「なるほどな」と思う人はたくさんいるでしょう。

しかしその後に「よし! じゃあ変わろう!」と行動に移せる人はどれだけいるでしょうか。恐らくほとんどいないでしょう。

 

方法を知っていても多くの人間が変われないのはいったい何故でしょうか?

その理由は人間が変わるには大量のエネルギーを使うからです。

 

エネルギーというのは、実労働に伴う肉体的負担金銭的負担精神的負担など様々なものがあります。

しかもそれだけの力を使っても今より良くなるかはわかりません。

ですから、常に変化を好みより大きなチャンスを得るためにリスクを負いたがる人も中にはいますが、多くの人は今ある環境をあまり変えたくないと考え維持しようと努めるのです。

 

無意味にならない決意を新たにする方法とは

変化を起こすには大量のエネルギーが必要なため、漠然と「じゃあ時間配分を変えてみよう」などのぼんやりとした決意では何も変わりません。

 

実際に10年以上務めた仕事を辞めてそれまでの生活スタイルから時間配分を変え、住む場所はそのままですが移動先・仕事をする場所を変え、付き合う人も変えた身として言えることは、確かに色々と変化は起きます。

しかしただ変えたからと言って人生の成功に直結するかは別問題です。

 

人生を良くしたいと考えているなら

  • 「どうなりたいのか」
  • 「それには何が必要か」
  • 「何故変える必要があるのか」

を自問自答した上で、「この知識を得るために今まで休息に当てていた30分を勉強に当てて●月までにマスターしよう」といった具体的な決意が必要になります。

 

「決意を新たにする」よりも大切なのは「覚悟」

もっと言えば、「時間」「場所」「周りの人」を変えるために大切なのは決意よりも「覚悟」です。

 

決意とは「自分の意志をはっきりすること」であり、覚悟とは「不測の事態とそれを克服するのに多くの努力が必要なのを予想して心構えをすること」です。

 

「人生を変えよう」と決意するだけでは、リスクがあるわけでも必要に迫られているわけでもないので、「やっぱり今は無理」など行動に移せず、簡単に挫折しがちになります。

一方、「いついつまでにこれができないと大変なことになる。だから変える」という覚悟をすると、「まずどう変えるか」など具体的な行動への道筋を考えるようになり、実行にも移していけるようになります。

 

ただし1つ忠告しておくと、「行動してから覚悟をする」のは経験上あまりオススメできません。

「行動して」、つまり「自分を追い込んで」から「さあ後には引けないぞ」という覚悟の元で人生を変えていく方法ですが、こちらは追い込んだこと自体によるストレスがつきまとう上に予期せぬ事態で更に負担がますので心身ともに不調になりやすくなります。

私は謎の痒みが出てしばらく皮膚科に通いましたがお医者さんも原因は特定できず、処方された薬ではあまり良くならなかったので、しばらく様子を見ていたら自然に治りました。恐らく自分を追い込んだことによる心的ストレスが原因だったと思います。

 

まとめ

ではまとめです。

私の意見としては「人間を変える3つの方法」すなわち

  • 「時間配分を変える」
  • 「住む場所を変える」
  • 「付き合う人を変える」

この3つは正しいものの、実行に移すためには決意が必要であり、それも半端な決意ではなく具体的な決意が必要です。

更に言えば「決意」よりも【覚悟】が必要になります。

上記の3つを変えたら確かに人間・人生は変わりますが、それが成功に直結するかは別です。しかも変えたことによるストレスがつきまとうので、覚悟を決めてからそれぞれを変えていくべきです。

 

もし、「これを変えてから自分は良くなった」という習慣や具体的な方法がありましたらコメント欄などにて教えてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

 - マインドセット