ネットビジネス初心者がweb集客を行う方法1:情報発信

      2017/08/09

画像:web(ネット)集客って何?

今回は【web(ネット)ビジネス初心者が集客などを行うための方法】についてご紹介します。

「将来独立したくてwebについて勉強すると良いと言われたけど何から始めればよいかわからない」「ネットを今の仕事に活かしたいから方法が知りたい」そんな考えをお持ちではないですか?

私自身も最初はどこから手を付けていいかわからず、詳しい人に1つ1つ尋ねながら覚えていったのでその気持ちはわかります。

そこで、まずはweb(ネット)集客について基本的なことを紹介していきます。

※「1日たった○分の作業で数万アクセスが勝手に……」などの情報ではありません。そういった方法をご希望の方には期待はずれな内容です。予めご了承ください。

ネットビジネス初心者がweb集客でまず行うこと

それでは本当に基本的な部分から順次ご紹介していきます。まずはこちら。

web集客先となるブログを書く(自分のメディアを持つ)

インターネットが一般化して現代は「一億総発信時代」「一億総メディア時代」と呼ばれています。各種SNSやブログサービスを使って誰でも好きな様に情報を発信することができます。そして自分の発信がきっかけで仕事に繋がった人もたくさんいます。

例えば、今でこそ一般的になった「youtuber(ユーチューバー)」。この中にはこんな人がいます。当時15~16才だったアメリカ人の普通の女の子です。

  • ファッションが好きで毎回自分が買った服やアクセサリを紹介していた
  • 「かわいい!」とティーンの憧れになった
  • アパレルメーカーやブランド、ファッションメ業界から「うちの商品を着てくれ」とオファーが届く様になる
  • 10代にして年収約800万の人気者になる

あるいはインスタグラムをきっかけにタレントになった人もいます。

この様に自分の好きなことを発信し続けたらある日突然周りに認知される様になり、それが今までにない仕事になる、ということが日常的にあり得るのです。

しかし、「自分をネットに出すのは抵抗がある」という人も多いでしょう。

そこで【ブログ】です。

文章であればあなたが自身の情報を出さない限り特定はされませんし、あなたの発信する内容に共感してくれる人がファンとなり次第に認知されていきます。ファンが増えれば、あなたの提供したい商品・サービスをオファーすることも可能になっていきます。

また、「文章を書く=アウトプットする」ことを日頃から行っていると、自分の思っていることをすぐ形にする訓練になるので、仕事での書類作成やプレゼンテーション、営業でのセールストークなどの力もついていきます。

どんなブログサービスを使えば良いのか

ネットビジネスにおいては「アメブロは商業利用禁止だから止めなさい」「無料ブログはそのサイトがサービスを終了したら終わるから有料ブログにしなさい」といったことがよく言われます。これは実際その通りです。

ただ、「いつまで続くかわからないしとりあえずブログを書きたい」というのであれば、むしろコミュニティーができているアメブロなどは広めやすくて使えます。

実際、アメブロを上手く仕事に結びつけている人も多数います。

「商業利用禁止」というのは「アフィリエイトリンクを貼るな」という意味なので、例えばあなたがサイトを持って商品案内はそちらで行い、ブログ(集客・周知)はアメブロを利用するといった使い方も可能です。

※アフィリエイトについての参考記事:副業・副収入を考える④『サイトで稼ぐアフィリエイトとは』

他にもブログサービスは「ライブドア」「FC2」「はてな」など数十種類あります。サービスごとに規約は違うので、あなたの条件に合ったブログを検索してみると良いでしょう。

本格的にブログやサイト運営を始めるのでしたらお金を払い、「独自ドメイン」を取得し、「サーバー」を用意して「wordpress」、もしくは上記にあげたブログサービスの有料版などでブログを運営していくことをお薦めします。




web集客のためにはどんな内容のブログを書けば良いのか

ブログを書く場所が決まったら次は「ブログで書く内容」を決めましょう。ここがブレると思う様なweb集客ができません。

ブログで書く内容=テーマを一貫させる

これは、あなたのブログに訪れる人にとってもGoogle(グーグル)にとっても大切なことです。

例えば「料理」がテーマのブログにしているのに、「今日はどこどこへ行った」「何々をした」など、あなたの個人的な話ばかり載っていたらどう思うでしょうか。訪問者(=読者)が知りたいことを書いていないブログにファン・リピーターはつきません。

また、web集客の視点で考えた場合、「たまたまブログに来た100人」よりも「あなたの商品・サービスのお客様になってくれそうな5人」の方が価値があります。

テーマが一貫していないと全く成果に繋がらない人ばかり集まってしまう可能性があるのです。

 

そしてもう一つ『サイトでブログを育てる場合』に大事な要素として【Google(グーグル)のことを考える】があります。より詳しく言えばグーグルが、というよりもbingも含んだ「検索エンジン」のことを考えるが正しいですね。

できて日が浅いブログの場合、訪れるほとんどの人は検索結果から来ます。

ブックマークやSNSなどにリンクを貼っている場合を除き、yahoo!(ヤフー)はグーグルの検索エンジンを使っているため、同じものとして考えると今の日本の約80%はグーグル検索によってサイトに訪れます。

(将来的にはiphoneからの検索に特化したbingが伸びるのではないかという分析もあります)

この時、内容がバラバラだったり適切な書き方をしていないと狙った内容での上位表示ができず、アクセスが伸びません。

また、別の記事で詳しく述べますが、ブログでアドセンスによる広告収入を得ようと考えた場合、テーマがバラバラだと広告主にとって対象とする相手に表示されづらいため、単価が上がらなかったりサイトの評価が上がらなかったり(=どの記事も上位表示されづらくなったり)します。

まずはブログのテーマを決めてそれに関連した内容で膨らませていく様にしましょう。

ググれない人は良いブログ記事が書けないので集客できない

先ほど、「あなたの条件に合ったブログを検索してみると良いでしょう」と書きましたが、「めんどくさい」「どんなのが1番良いか教えてよ」と思った人は高確率で良いブログ記事は書けません。何故でしょうか。

それは「良いブログとは訪問者のニーズに対する答えを記事内容として発信しているもの」だからです。

「A」という答え・ノウハウなどが知りたいのに「B」「C」……と無関係なことばかり書いているブログは仮に訪れてくれても速攻で閉じられてしまいます。

「自分が知らないことをググれない(調べられない)」人に「他人が何を知りたいのか」を想像して自分のブログに訪れてもらうことはできません。

まとめ:なぜネットビジネス初心者向けにweb集客の方法について解説しようと思ったか

画像:web集客セミナー

先日、「”月数十万PVのブロガー”と”webコーディネーターとして活躍されている方”によるWeb集客セミナー」に参加してきました。

そこで話された内容の大半はサイト運営者など、ある程度ネットビジネス経験がある人にとっては基本的な話で、私は既に知っていることがほとんどでしたが、参加者の大半が「これからブログを始めたい」「とりあえずアメブロを始めたけど何を書いていいかわからず滞(とどこお)っている」といった方々だったため、大変好評で賞賛されました。

それは、『他のサイトで散々書かれていることだから需要はないな』などと考えていた自分にとって目から鱗でした。そして『ああ、多くの人が求めているのは自分が思っている以上に導入部分と言うか、基本的・基礎的な部分なんだ』と気づかされました。

ですので、『せっかくサイトを運営しているのだから、より多くの人に役立つことを発信しよう!』と思ったのが理由です。

引き続き、web集客の方法や考え方をご紹介していきます。




 

記事の著者紹介
札幌在住のフリーランスです。webコンテンツ作成(サイトや動画作成、webライティング講座など)を中心に活動しています。
より詳しくは☞プロフィール
サッカーサイトもやっています☞サカボン

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - ネットビジネス , ,