副業・副収入を考える③『ブログで稼ぐアドセンスとは』

      2016/05/15

②に引き続き、具体的な『副業・副収入』の方法をあなたにお話しします。

 

副業・副収入②『ブログ・サイト(アドセンス)』

ブログを書くイメージ

①で、YouTubeで収益を得る為にはアドセンスが必要 と言いましたが、自分のサイトを持って、blog(ブログ)を書いて収入を得るにも『アドセンス』が必要な場合があります。というかほぼ必須です。

なぜなら「芸能人ブログ」の様にブログサイトと契約してお金をもらう以外には広告収入を得る方法になるからです。

 

googleアドセンスとは?

googleの広告(アドワーズ広告と言います)を自分のサイトに掲載する事が可能になる広告プログラムの事です。

アドセンスを使える様になるためには「google(グーグル)によるサイトの審査」に合格しなければいけません。

これを紹介している方々の大半が「簡単に取れる」様に書いていますが、ちゃんとやらないと審査に落ちます。僕も1回目は落ちました 笑

 

具体的には、

  • 自分のサイトを持ってブログを書き審査を受ける
  • 公序良俗に反しない内容でブログを書く
  • 一定数以上の記事数がある事(当時の僕が15記事で落ちたのでそれ以上)
  • 一定数以上の文字数である事(1記事800~1000文字以上が目安)
  • 内容を他から丸パクリしたり、同じ言葉を無意味に羅列するのはNG(当然)
  • 著作権など揉め事を避ける為、審査時のブログに画像、動画、他サイトへのリンクは貼らない
  • 毎日書く(1日空いた程度はセーフですが、「ちゃんと続けているか」も見られます)

 

これらをクリアして合格すると、サイトに広告を貼る事ができます。

1度審査に合格したら自分で複数サイトを持ってそちらに広告を掲載する事も可能です。

またこのアドセンスを取得すれば、自身のYouTubeアカウントと紐付けして動画に広告を貼る事での収益化も可能になります。

 

グーグルアドセンス以外のアドセンス型クリック広告

googleアドセンス以外にも

  • Fluct
  • nend(スマートフォン特化型)
  • i-mobile
  • MicroAd
  • 忍者admax

などのアドセンス型クリック広告がありますが、「審査が厳しい」「審査は緩いが単価が低い」等、それぞれで基準や条件が異なり一長一短あります。

自分のブログに合った広告を探してみると良いでしょう。

 

ブログ・サイトの作り方

HP(サイト)を持つには

  • 自分でドメイン(.comとか.jpとか)を取得しサーバー(イメージとしてサイトを置く場所と思ってください)を有料で借りる方法
  • so-netブログやseesaaブログなど無料のサイトで始める方法

があります。

 

一見すると無料の方が元手がかからないので良さそうに思えますね。

実際気軽に始めるならそちらからという手もあります。

 

しかし、ブログサイト会社による無料ブログの場合、

  • 「そのサービスが終了したらもうブログを書けない」
  • 「会社独自の判断でブログが消されてしまう可能性がある」
  • 「検索時に上位に上がりづらい(いわゆるSEOが弱い)」

といったデメリットがあるため、

「簡単に書けて少しでも収入が増えたらいいなー」という場合は無料ブログから、

「ブログでたくさん稼ぎたい!」と考える場合には独自ドメインを取ってサーバーを借りる方法が良いです。機能も豊富ですしね。

 

公序良俗に反しているサイトもあるけど?

余談になりますが、グーグルアドセンスの取得条件で「公序良俗に反しない内容でブログを書く」と言いましたが、そうではないサイトも巷に溢れていますね。

そういったサイトは、そういう内容にも対応したサーバーや広告を使って運営されている様です。

ただ、中にはスパムやらウイルスなどで荒れるサイトもある様ですし、副業としてはおすすめしません 笑

 

ブロガー、サイト運営者として収入を得る場合のまとめ

ブログから収益を稼ぐ方法

ブログをもとに収益を稼ぐにはおおまかに3通りの方法があります。

  1. アドセンス広告による収入
  2. 契約して原稿料を貰う形でブログを書く
  3. ブログやサイト内で商品を案内(URLで商品サイトを案内)して、それを買ってもらう事で手数料を得る=アフィリエイト

上2つは既にお話ししましたので次回は3つ目の方法をお話しします。

 

 

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 独立・副業・転職 ,