ブログで長文が書けない2つの理由と解決方法

      2018/05/24

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は 【ブログで長い文章が書けない2つの理由】 と 【それを解決するため具体的な方法・コツ】 についてご紹介します。

300~500文字くらいしか文章が書けなくて悩んでいる」という方は参考にしてみてください。

ブログ記事で「長い文章が書けない」と悩んでいる女性の画像

(画像:Teaching Othersによる自作)

文字数ではなく記事ネタに困ったり上手く文をまとめられなかったりといった、「ブログそのものがなかなか書けない」とお悩みの方は以下の記事も参照にしてください。

長文が書けない理由①:自分の視点からしか見ていないから

まず長文が書けない理由としては、「その記事を読んでほしい読者をちゃんと想定していないから」というのが考えられます。

例えば何らかの商品について記事を書く場合、「自分の視点からしかその商品を見ていない」ため書ける内容が絞られてしまうのです。

 

自分の視点でしか文章を書けない人は、書きたい商品に関して自分の経験のみを頼りに文章を書くため、「購入した場所」「購入理由」「使ってみた感想」くらいは書けるかも知れませんが、そこからストーリーを広げられなくなり長い文章が書けないのです。

しかし、その商品に関する記事の読者が知りたいことは他にも色々あるものです。

 

長文が書けない理由① の解決方法:「読者を意識した文章の書き方」とは

自分と他人(読者)の視点の違いを図にした画像

by Teaching Others(自作画像)

例えば上の画像に示した、

・その商品の金額や性能
・買うことによるメリット、デメリット
・似たような商品との比較

といったことを読者は求めているかもしれません。

他にも「購入方法」「人気度」なども知りたいかもしれません。

 

この様に視点を読者に移すと、関連した内容が色々と浮かんでくるので書ける内容も増えてきます。

 

ブログの基本~上達方法として「相手目線」「ユーザーの考えに立って」記事を書くことが大切というのはよく言われることですが、文章量や内容を充実させるためにも

「これ(自分が書きたいテーマ)について調べる人はどんなことに興味があって知りたいんだろう」

と様々な想定をして、ユーザーが検索しそうなワードを調べたり考えたりしながら書くことが解決方法です。

 

読者の求めていること(キーワード)を調べる方法とは

具体的に「読者が調べそうなキーワード」を調べる方法としては冒頭で紹介した関連記事でもご紹介していますし、

「そのテーマで検索して上位に表示されたサイトの記事をよく読んで見る」

「サジェスト検索を活用する」

という方法もあります。

他にも、「グッドキーワード」などのキーワードを抽出してくれるサイトもあるので、「キーワードツール」などで検索して自分が使いやすそうな物を実際に使ってみると良いでしょう。

 

長文が書けない理由②:「自分の『文章を書く力』を把握していないから

長文を書くためには自分の「文章を書く力(文章構成力)」 や、「自分が1度に書ける文章の「量」と「早さ」」を把握しておく必要があります。

これは執筆経験が増えてくると文章構成力が上がるため、目安がある程度わかるようになります。

 

しかし書き慣れていないブロガーの方は、自分の文章構成力がどれくらいかわからず、また自分が何文字書くのに何分掛かるかを把握していないのです。

そのため、1日の内で限られたブログ作成に使える時間を有意義に使うことができません。

 

たとえ「書きたいテーマ」は見つかっても「読まれやすいブログ」に必要な要素を上手く組み込むことができず、とりあえず思い浮かんだことを文字にしていくため、内容にまとまりがなくなってしまい長文が書けなくなるのです。

 

長文が書けない理由② の解決方法:「ブログの書き方」を身につける方法とは

ではどうやってこれらの問題を解決すればよいかについて述べていきます。

まずは文章構成力を身に付ける方法についてご紹介します。

 

自分なりの文章構成のパターンを身につける

一番は自分のテーマと競合していて(=同じテーマについて書いていて)上位に表示されているブログの構成をいくつか見て、良いとこ取りすることです。

 

その時、ただ文章を読むのではなく、

「結論」
「書きたいことの詳細」
「具体例」
「体験談」

などの構成を意識して見ていきます。

自分なりの「構成パターン」を身につければ、ブログを書く時に「今日はどう書こうかな」と毎回1から考えることはなくなります。

 

自分が文章を書く力量を測る

「1時間で書ける文章の量を測ってみる」です。

これで現在の自分の力量がわかります。

もちろん常に一定のペースで書けるとは限らないので、「記事作成にかかった総時間」「記事ネタの調査に要した時間」なども分析してみると良いでしょう。

こうやって、「自分は何に時間がかかるのか」を把握することができれば、そこを後回しにして他を進めたり、「今日はこれだけは終わらせる」と時間配分を決めたり、といった改善ができます。

 

本やサイトでブログの書き方をしっかり学ぶ

読まれやすいブログの書き方は小説などとは書き方が違います。長期的にブログを続けていきたいのであれば、やはりしっかりと学ぶことをオススメします。

WJJA主催webライティング能力検定のバナー

良い文章を書くためのコツは「とにかく書け」!?

コピーライティング(=文章作成)の世界ではよく引用される「良いライターになるための10コのステップ」をご紹介します。

1.Write.
2.Write more.
3.Write even more.
4.Write even more than that.
5.Write when you don’t want to.
6.Write when you do.
7.Write when you have something to say.
8.Write when you don’t.
9.Write every day.
10.Keep writing.

引用元:copyblogger.comの記事 " 10 Steps to Becoming a Better Writer "

 

これを訳すと、

1、書きなさい
2、もっと書きなさい
3、もっともっと書きなさい
4、それ以上に書きなさい
5、書きたくなくても書きなさい
6、書く時は書きなさい
7、何か言いたいことがある時は書きなさい
8、言いたいことがなくても書きなさい
9、毎日書きなさい
10、書き続けなさい

つまり、「実践に勝るものなし」ということです。

いくらテクニックやノウハウ、成功例や失敗例を知ったところで、自分が実際に書いてみないと上達はしないということですね。

 

ただし、闇雲に書いても同じ量や質の文章が量産されてしまうので、今回ご紹介した長文が書けない理由と解決方法を参考に少しづつ改善してもらえればと思います。

 

ブログで長文の方が良い理由や必要性とは

ここからは補足となりますが、そもそもブログを書くにあたり長文の方が良い理由とは何でしょうか?

「長い文章を書く必要性がわからない」という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

確かに全てのページで長文が必要とは限りません。

 

何かの説明用のページであれば必要事項さえ揃っていれば無駄に文章を長くする必要はありませんし、日記など趣味のブログであれば思いのままに書いても誰に迷惑をかける訳でもないので問題ありません。

Twitterなら280文字(2017年11月初旬以降、140文字から増えました)まで書けるのでそちらで事足りる場合もあるでしょう。

絵やイラストが得意な方は、長文を書くよりも4コマ漫画や挿絵を多用した方が評判が上がるかもしれません。

 

しかし、これが「ブログのアクセス数やPV数を増やしたい(≒集客したい)」という場合は、ある程度以上の文字数がある文章を書く必要が出てきます。

 

ブログに人を集めるためには大きく分けて2つの方法があります。

①「SNSなどから人を集める」

②「検索結果から人を集める」

 

①の場合は「こういう記事がありますよ」とブログの存在自体を周知するため、SNSでたくさんの読者が集められるのであれば、記事前の段階では文字数はそれほど関係ありません。

(もちろん内容が乏しければ読者の満足度は低くなり、次第にリピーターが減ってしまい読まれなくなるので、後々を考えたらしっかりとした文章を書けるに越したことはありません)

 

注意すべきは②の場合です。

Googleの検索結果で上位に自分のブログを表示させることで読者を集めるにはいわゆるSEOが必要になります。

その一環として文字数はとても重要になってきます。

闇雲に長いほうが良いというわけではないですし、ジャンルにもよるのですが、以前よりも文字数は重要視されています。

アクセスアップをしたいのであれば少なくとも3000文字は内容の質を伴った文章が必要になってきます。

 

 まとめ

ではおさらいです。

・自分が書きたいテーマについて他人(読者)が知りたいことを想定する

・自分が1つの記事を書く時の文章構成力を知って高める

・その時は自分より成果を出している人を参考にする

・以上を踏まえてたくさん書く

(・自分に長文を書くことが必要か確認してみる)

 

私も時々、ブログ・ワードプレス関係の講座に参加をしたり講師をさせて頂いたりもしますが、「ブログをやっているけど長文が書けない」とお悩みの方がいらっしゃいます。

そういった方に少しでも役立つよう、取り組みやすい内容をご紹介しました。

ブログの文章量に不安の方は1度ご自身のブログを読んで何が足りなそうか洗い出してみると良いですよ。

記事の著者紹介
札幌在住のフリーランスです。webコンテンツ作成(サイトや動画作成、webライティング講座など)を中心に活動しています。
より詳しくは☞プロフィール
サッカーサイトもやっています☞サカボン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!
※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - ネットビジネス