近江商人に学ぶ「商売の心得十訓」とは

      2016/12/13

今回は 『金儲けは悪い事』という考えに毒されていませんか?② でご紹介した、『近江商人の商売心得 三方良し』に関連した「商売の心得十訓」についてあなたにご紹介します。

近江商人 商売の心得十訓

 1 商売は世の為,人の為の奉仕にして,利益はその当然の報酬なり
 2 店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何
 3 売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる
 4 資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし
 5 無理に売るな,客の好むものも売るな,客の為になるものを売れ
 6 良きものを売るは善なり,良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
 7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる
     つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
 8 正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
 9 今日の損益を常に考えよ
     今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ
10 商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ

※色々調べたのですが、引用元とされる『近江商人の末裔 奥村酒造酒造株式会社HP』というのが見つかりませんでした。

ネットで検索して出てくる画像はどうやら書籍のものらしく著作権とか揉めたら嫌なので見やすいように画像も作ってみました。

スマホで見やすい様にしたため、お使いのPCによっては見づらいかもしれません。予めご了承ください。 

近江商人 商売の心得十訓 横書き

近江商人 商売の心得十訓 横書き

 

近江商人 商売の心得十訓 縦書き

近江商人 商売の心得十訓 縦書き

 

近江商人「商売の心得十訓」:解説

 1 商売は世の為,人の為の奉仕にして,利益はその当然の報酬なり

たまに『幸せな事が起こると怖い』『お金をもらう事に後ろめたさを感じる』と言う方がいますが、

貰っていいんです。幸せになっていいんです。

とりあえず自分に言い聞かせた方が人生良くなりますよ。

 2 店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何

マーケティングの重要さを説いていますね。

 3 売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる

営業テクニックでいう所のフォロー、更にリピーターの重要性を説いています。

 4 資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし

商売に最も必要な『信頼』の大切さを説いています。

『正しいやり方をしていれば今、手元に資金が無くても必ず手に入る』というのは別のビジネス書でもありました。

5 無理に売るな,客の好むものも売るな,客の為になるものを売れ

「プロダクトアウト」「マーケットイン」よりも「マーケットアウト」が重要だと説いていますね。

 6 良きものを売るは善なり,良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

これもマーケティングの重要性、そして事業の拡大への繋げ方を説いています。

広告』の重要性をはるか昔から知っていたんですね。

※近江商人は主に明治時代より活躍したそうです。発祥は鎌倉時代にまで遡ると言われています。

 7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

影響力の武器』でいう所の『返報性の法則』『好意』、ネットビジネスなら『フロントエンド』に相当する部分ですね。やはり、お客様を喜ばせファンを作る事は大切です。

 

 8 正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

実は安くする方が他に魅力・価値を提供しづらくなり売れなくなる』という販売の基本的考えですね。

 9 今日の損益を常に考えよ 今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ

大切なのは『売り上げより利益』。数字に強くなるのはビジネスで欠かせません。

A:年商1億 B:年商2000万  一見Aの方が良く見えます。

でも実は、Aは経費に9000万 Bは500万しか経費を使っていなかったとしたら

A:利益1000万 < B:利益1500万

となり、Bの方が利益率の高い企業となるわけです。

10 商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ

実際では好不況の波はあるものですが、それを言い訳にせず、知恵と努力を惜しむなといった所でしょうか。

確かに世間が苦しい時にも成果を出す企業は存在しますね。

近江商人 商売の心得十訓:まとめ

三方良し で伊藤忠商事さんを例に出しましたが、松下幸之助さんもこの十訓を参考にしたそうです。

『昔のものは良くできている』『温故知新』などの言葉がありますが、『やり方・手法・方法』は新しくなっても商売の本質というのはなかなか変わらないものなのだと思います。

 

前: 「意識高い系」が好みそうな横文字ビジネス用語

次: 「同時処理と継次処理」

関連記事:「知識・雑学」一覧

※最後までお読み頂きありがとうございました!またいつも応援して下さる方にも感謝です。ブクマやコメント、共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。



↓ブログランキングに登録中。応援クリック宜しくお願いします。
ビジネスブログ100選

この記事を読んだ方はこちらもチェックしています

 - 知識・雑学