意識高い系が好みそうな横文字のビジネス用語集

 

※用語をすぐに知りたい方は目次をご利用ください。

意識高い系とは、元々はネットスラングで、インターネット等で自分の経歴や人脈を過剰演出し、パッと見は凄い人の様に思えるが実際の経歴や活動はそれほどない人々のこと を言います。

本来、意識が高いというのは素晴らしいことですよね。

ですが、残念な事にそういう風に見せかけている人たち=意識高い系というのがインターネットの普及と共に男女問わず増加し、「意識高い系男子」「意識高い系女子」と呼ばれるようになりました。

実際に仕事ができるかどうかが見られる訳ではないため、簡単に意識が高そう=仕事ができそうに装えるからですね。その様子が「痛い」とツイッターやまとめサイトなどで取り上げられることもあります。

意識高い系の特徴

意識高い系には以下のような特徴があります。

  • やたらと学生団体を立ち上げようとする
  • やたらとプロフィールを盛る
  • 全ては自己アピール、質問が長い
  • ソーシャルメディアで意識の高い発言を連発
  • 人脈をやたらと自慢、そして利用する
  • やたらと前のめりの学生生活を送る
  • 人を見下す

著:常見陽平『「意識高い系」という病』(ベスト新書)より要約

 

意識高い系が好みそうな横文字のビジネス用語

以下、そういった意識高い系が好みそうな横文字のビジネス用語を紹介しますが、あくまで意識高い系が好みそうな用語であって、実際に正しく使っている企業や業種も多くあります。揶揄(やゆ)しようという思惑はありませんので予めご了承ください。

ビジネス用語:あ行

  • アグリー:支持する・同意する。
  • アサイン:割り当てる・任命する。
  • アジャイル:すばやい・俊敏な。反復 (イテレーション) と呼ばれる短い開発期間単位を採用する事で、リスクを最小化しようとする開発手法の一つ。ソフトウェア開発の用語
  • イシュー:ビジネス上の論点課題問題など。
  • ASAP:エーエスエーピー・アサップ:できるだけ早く。
  • NR:『No Return』の略。出先から戻らず直帰する事。
  • エビデンス:(言った、言わないの)証拠
  • オンスケ:業務などが予定通り進んでいる事。

ビジネス用語:か行

  • コミット:約束・決意表明。某企業のCMで一躍有名になりましたね。
  • コンバージョン:最終的な結果。

ビジネス用語:さ行

  • サマリー:要約。

ビジネス用語:は行

  • ブレスト:ブレインストーミング。集団での意見交換で発想の誘発を期待する手法
  • ペンディング:保留。

ビジネス用語:ま行

  • マスト:『必ず~やらなければならない』『~は外せない』の意味。物産系の方がよく使う。またファッション雑誌でよく見かける。

ビジネス用語:ら行

  • リスケ:リスケジュール:予定変更・納期の延長。
  • リバイズ:改定・訂正。
  • リマインド:思い出させる事。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

 - ビジネス知識