『個性心理学』であなたの営業力を底上げするための3つのポイントとは

      2017/04/11

個性心理学』をご存知ですか?

「動物占い」と言えば、「あー知ってる」「むかし流行ったよね」となるかもしれませんね。

先日、「動物占い、やってみない?個性心理学、体験講座」と銘打ったイベントに参加したのですが、想像していたものとは全く異なり、本格的な性格分析・心理学・分類学の話が詰まった内容でした。

そして、これを覚えれば仕事にもダイレクトに活かせると感じたのでご紹介します。

 

『個性心理学』『動物占い』について

一昔前に「動物占い」というものが流行ったのをご存知ですか?

生年月日などからその人ごとに合った動物とその性格の傾向がわかるというものです。

その動物占いの基となっているのがこの『個性心理学』です。

ですから、スピリチュアルなイメージがする占いと言うよりも、実は「心理学」「統計学」「分類学」といった学問的・科学的な側面を持っているのです。

 

ISD個性心理学の講座での画像

 

ちなみに自分が何の動物に当てはまるかは「動物占い 無料」等で検索すればサイトがいくつも出てきますが、私が参加した体験講座の講師が「ISD」という所の方でしたので、「ISD個性心理学 無料診断サイト」 を紹介しておきます。

※会員登録なしで診断できます。特にメールとかも来ません。

ちなみに私は「MOON」「磨き上げられたたぬき」で、性格は以下の通りでした。

  • 何事も経験と実績を重んじる
  • 古いものを大事にする
  • 究極の逸品に弱い
  • 根拠のない自信がある

「基本性格」など長くて全部は書ききれないので気になった方はご自分の性格を診断してみてください。

 

個性心理学の団体「ISD」について

「ISD」とは Institute of Self Discoveryの頭文字をとった、統計学や分類学で仕分けた103万6800通りの個性を動物キャラで表現し、それぞれに合った診断・アドバイスで色々な悩みの解決を行っている団体で、各種セミナーやイベント、資格やインストラクター育成なども行っている様です。

余談ですが、より詳しい個別の診断はその講師の方が有料で行っているとのことでしたが、1項目1,000円と特別高いものではありませんでした。

 

『個性心理学』における3つのポイントとは

では、本題の「個性心理学における3つのポイント」についてご紹介します。

個性心理学では「月・地球・太陽」の3つに分類される

先ほどご紹介した私の診断結果に「MOON」とあった様に、各動物は3つのカテゴリーに分類されます。

それが「月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)」です。

実はこの文字自体にも性格の傾向にちなんだ意味があります。

(例、EARTH:E=エコロジー≒無駄嫌い、ART=芸術家肌≒自分のペースが大事、H=ヒューマン≒人が好き)

 

月・地球・太陽、それぞれの特徴に働きかける

では次に、月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)それぞれの性格の特徴についてご紹介します。

この特徴を掴んでそれぞれに合った対応をすれば、自ずとあなたの営業力も上がるというわけです。

1、個人心理学における月(MOON)の特徴

月(MOON)の動物

こじか・黒ひょう・たぬき・ひつじ

月(MOON)の「性格」

相手軸(相手の依頼をなかなか断れない)・他人との競争を好まない・「ムダ」が多い

月(MOON)の「特徴・くせ・口癖」

「すぐ謝る」「笑い方は抑え気味」「何故?どうして?と事ある毎に理由を問う」

月(MOON)の人を「褒める時」は

結果よりも過程を褒める:「ずっと見ていたよ」「最後までよく続けたね」

月(MOON)の人を「叱る時」は

「理由を説明する」「人前では叱らない」

周りと較べられたり煽られたりするのを嫌います。

 

2、個人心理学における地球(EARTH)の特徴

地球(EARTH)の動物

狼・猿・虎・子守熊

※子守熊=コアラ

地球(EARTH)の「性格」

自分軸(マイペース)・競争して勝ちたい・「ムダ」を嫌う

地球(EARTH)の「特徴・くせ・口癖」

「言い訳が上手い」「クール・ニヒルな笑い方」「それメリットは?いくら?」=現実的

地球(EARTH)の人を「褒める時」は

過程よりも結果を褒める:「全部できて偉い」

地球(EARTH)の人を「叱る時」は

「冷静に順序立てて話す」「ストレートに伝える」

 

3、個人心理学における太陽(SUN)の特徴

太陽(SUN)の動物

チーター・ライオン・ゾウ・ペガサス

太陽(SUN)の「性格」

気分軸・掴みどころがない・全ての中心でいたい

太陽(SUN)の「特徴・くせ・口癖」

「1度謝った後はもう別の事を考えている」「豪快に笑う」「すごい!」「めんどくさい」

太陽(SUN)の人を「褒める時」は

とにかく褒める:「完璧!」「さすが!」

太陽(SUN)の人を「叱る時」は

「対等な目線で話す」「プライドを傷つけない言い回しで」「切り替えが早いので、その場ですぐ叱る」

 

『個性心理学』であなたの営業力を底上げするための3つのポイント:まとめ

いかがでしたでしょうか。当てはまりましたか?

実は、それぞれの「営業の仕方」など他にもたくさん講座ではあったのですが、普段は有料セミナーで話している事も含まれているので、あまり大っぴらにするのは避けてほしいという意向もあり、資料や写真は割愛し内容も制限をしました。申し訳ありません。

代わりと言ってはなんですが、1つ面白かった話をご紹介します。

 

月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)に謝罪する時は

三者それぞれ価値観が全く異なります。例えば

  • 月(MOON)は『誠意』など気持ち
  • 地球(EARTH)は『物・形
  • 太陽(SUN)は『権威

を重視する傾向があります。ですので何か謝罪が必要な時は

  • メールや電話だけでなく直接謝りに出向き(誠意)
  • 商品券や菓子折りを用意し(形にした物)
  • それを責任者や上司が持っていく(権威)

こうすると、どのパターンにも当てはまり怒りが収まりやすいとのことです。「なるほど」と思いません?

 

そしてもう1つ、最後に大事なことを仰っていました。それは

あきらめる

…どういうことかと言うと、

あきらめるあきらかにみとめる=(各々の違いを)受け入れる

これが大事だという訳です。

性格や傾向の違いを予め踏まえてさえおけば、自分との考えの違いで口論になったり商談が上手くいかないような事態を避けやすくなり、逆に相手の心に響く話をする事も可能という訳ですね。

 

より詳しく知りたい方は先ほどの 「ISD個性心理学 無料診断サイト」 をご覧ください。

※私はここの会員でも何でもないので詳しく聞かれてもお答えできません 笑

 

≪PR広告≫

説得の心理技術:ダイレクト出版

 

前:プレゼンやクロージングの改善方法『三幕構成』とは
次:商談も物語も、○○と終わり良ければ全て良し!?『ピークエンドの法則』
他の関連記事☞:【 クロージング 】一覧

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - クロージング , , , , , , ,