rippleに対する質問・相談まとめ:マイグレーション(移行・移管)について

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

最近このサイトやSNSを通じて寄せられる「ripple(リップル)に関するご質問・ご相談とその返答のまとめ:【Q&A】」をご紹介します。

画像:ripple(リップル)に対する疑問・質問・相談

今回は「送金」「マイグレーション(移管・移行)」についてです。

※基本的な内容が多いです。問題なく使えている方には目新しい情報は恐らくないかと思われます。予めご了承ください。

Rippleの「送金」と「マイグレーション(移管・移行)」の違いについて

ご相談いただく内容で多いのが、「XRPを1つのウォレットにまとめたいのですがシークレットキーはどう使えばいいですか?」「GateHubが使えないのでMr.Rippleで使えるようにしたいのですが送金方法はどのようにすればいいですか?」という、送金と移管が混ざった質問です。1つずつ解説していきます。

 

Q.Rippleの「送金」についての方法を知りたい

A.こちらの図をご覧ください。

画像:ripple(リップル)XRP送金

送金とは「リップルアドレス(ウォレットアドレス)」を使ってXRPを送ることです。この場合、必要なのはリップルアドレスだけでシークレットキーは使いません。またウォレットには確か最低20XRPは残さなければいけなかったはずです(額が違ったらすみません)。

例えばGateHubとコインチェックにウォレットがあり、どちらか1つにまとめたいと考えた時にはそれぞれのアドレスを確認して送金すれば可能です。送金の際にはトランザクション手数料がかかります。各取引所でご確認ください。

 

ウォレットのアクティベート(有効化)について

新たにウォレットを作成した場合、そのウォレットを使える様にするため、最初に別のウォレットから20XRP送ってもらう必要があります。これをアクティベート(有効化)と言います。

 

Q.Rippleの「マイグレーション」について方法を知りたい

A.以下、マイグレーションに関する説明です。

画像:ripple(リップル)のマイグレーション

マイグレーション(migration)とは、「移管・移行」という意味で、Rippleにおいては「1つのウォレット内にあるXRPを異なるウォレットやゲートウェイで扱える様になる機能」のことです。

例えばウォレットAにあるXRPを別のウォレットで操作したい場合、新たにウォレットCを『Aのシークレットキーを使って』作成します。

 

GateHubにマイグレーションするには?

注意】恐らくできるとは思いますが、私自身はGateHub「を」別の所にマイグレーションしたことはあるものの、GateHub「に」別の所のシークレットキーをマイグレーションしたことはないので確証は得られていません。

サインイン(ログイン)後に「wallet」をクリックした後の画面左上にある「ウォレット名(←人によって異なります)V(←プルダウンボタン)」が表示されていると思いますが、その隣の「⊕:+の丸囲み=ウォレット追加ボタン」をクリックし、「IMPORT」タブを選択、「New Wallet Name(新しいウォレットの名前)」を決めて、その下の「Secret Key」に移行したいシークレットキーを入力すれば出来ると思います。

 

Mr.Rippleにマイグレーションするには?

アカウント新規作成時にシークレットキーを入力する欄があるので「表示して」登録するとできます(実践済み)。

 

デスクトップクライアントについて

デスクトップクライアントとは、取引所のウォレットではなく自分のパソコン上でXRPを管理する方法です。上の絵で言うと「D」のイメージです。

2017年5月9日、コインチェックで表示の不具合が起き、本来「1XRP:20円」前後で数位していた時に、一瞬「1XRP:254円」などとんでもない金額が表示されました。コインチェックはその間にあった取引をなかったことにし、その後は一定時間XRPの取引を停止しました。また、他の取引所でもハッキングや不具合が度々聞かれます。

この様に、法的に認められた取引所であっても万全ではありません。

そこで、自分で管理・保管、取引を自分のPC上で行えるのがデスクトップクライアントです。使い方はGiantGox氏のサイト「Ripple総合まとめ」に詳細があります。ただ、こちらはある程度慣れた方向けで自己責任のもと扱うこととなります。

追記:利用者が増加しているためか意図的か不明ですが、デスクトップクライアントのサーバーが不安定で時々使えない状態になっているそうです。

 

rippleへの質問・相談【Q&A】:まとめ

思いのほか長くなったので①②に分けましたが、少しでも疑問の解消に繋がれば幸いです。

私も技術者ではない一般人なのでわからないことだらけですが調べて何とかわかる範囲で受け答えしています。

色々話を聞くと、使い方も曖昧なまま高額を投資している方もいらっしゃるようです。これからXRPのご購入を検討されている方は事前に色々調べることを強く推奨します。

 

ripple関連で見ておくと役に立つもの

「2chのrippleスレの1」:基本的なことをまとめているサイトなど、これから始める方には役に立つサイトがリンクされています。スレ自体は色々な方がいるので私はあまり見ていません。
「暗号通貨革命」:初心者から上級者向けの内容まで幅広く網羅されています。
「Ripple総合まとめ」:初心者から上級者向けの内容まで幅広く網羅されています。
「ツイッターの意見」:有識者の方々のつぶやきは知識を高めるのに役立ちます。

仮想通貨
この記事が気に入ったらシェアしよう
このサイトをフォローする

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

Teaching Others(ティーアザ)

コメント

  1. 西村健一 より:

    お願いいたします 
    今日、コインチェックからゲイトハブのリップルアドレスに送金しましたが届きません
    なぜでしょうか どうすればいいのかご指導ください よろしくお願いいたします

    • オカモト より:

      ◎西村健一さん
      コメントありがとうございます!
      コインチェックは今色々と不具合や意図的に取引を停止しているものもある様なので本当の原因はわかりませんが、あくまで私見として
      ・本人確認が済んでいない
      ・送金金額が多額なため送金されない(ツイッターで「コインチェックで80XRP以上だと送金できない」とつぶやいている方を数日前に見かけました)
      ・ウォレットに残しておかなければならない分(たしか20か30XRP)も含めて全額送金しようとしている
      ・コインチェック側の原因で送金できない
      などが考えられますね。

  2. 倉井 より:

    記事を拝見しマイグレーションについて気になったので、お聞きしたくコメントしました。
    現在、Mr. rippleを使っております。

    背景として、現在Mr. rippleでログインできない状態になっておりまして、
    ログインパスワードの変更を行って以降、ログインが受け付けられなくなりました。
    変更前のパスを入力→パスワード間違いでリジェクト
    変更後のパスを入力→2段階認証まで進むが、2段階認証後を経た後にログイン前の画面へ飛ばされログインできない
    というような状態です。
    Mr. Rippleには1週間前から問い合わせておりますが、メール・電話ともに連絡がつきません。

    そこで、Mr. Rippleのリップルウォレットを別の取引所経由で管理(マイグレーション?)できるのかについて、ご意見をお聞きしたいです。
    シークレットキーは控えており、Mr. Rippleでパスワードの再交付を申請することもできるのですが、
    現在の状態に陥ったのがパスワード変更に伴うものであるため、パスの再交付を受けた際に
    正常にログインできるようになるのか、またパス再交付から改めてログインするまでの間に2段階認証が継続されるのかも含め疑問があるため、試せておりません。

    シークレットキーおよびリップルウォレットのアドレスを控えている場合、他の取引所(東京JPY,Kraken,Gatehub等)を経由して
    Mr. Rippleで作成したリップルウォレットを扱えるのでしょうか?

    長文で申し訳ございません。ご助言をいただけたら幸いです。

    • オカモト より:

      ◎倉井さん

      コメントありがとうございます。
      まず事前に確認した方が良さそうなこととして2段階認証の同期がずれていたりしませんか?
      私の経験ですが、以前グーグル2FAの時間が日本時間になっておらず上手くいかなかったことがありました。
      ですので、いったん2段階認証の設定を見直すのもありかなと思います。
      それが問題なければ、GateHubにマイグレーション(画面上だとインポート)を試してみると良いのではないでしょうか。
      私も記事に書きましたが、東京JPYのHP右にある「GateHubへの移管方法」がわかりやすいかと思います。

      • 倉井 より:

        お早いご返信、誠にありがとうございます。
        ご指摘いただいた2段階認証ですが、再同期してみたのですが同期ずれは無さそうでした。
        依然としてログインはできておりません。

        今後、移管操作(?)を試してみたいと考えております。
        不勉強ゆえの質問で申し訳ないのですが、
        東京JPY経由でMr. Rippleへのログインを伴わずに、Mr. Rippleのリップルウォレットにおける
        入出金、送金操作ができますでしょうか?
        Gatehubのアカウント取得申請は、パスポートを持っておらずできませんでした・・・

        • オカモト より:

          ◎倉井さん

          >東京JPY経由でMr. Rippleへのログインを伴わずに、Mr. Rippleのリップルウォレットにおける
          入出金、送金操作ができますでしょうか?

          申し訳ありません、どういう状況かよくわかりかねます……。
          東京JPYは『IOU:JPY(TokyoJPY)』と『XRP』の交換所で、ウォレットはないので操作はできないと思います。
          Mr.rippleのシークレットキーを別のゲートウェイにマイグレーション(移管)できれば操作は可能ですが、GateHubが使えないとなると難しそうですね。デスクトップウォレットなら出来そうですが、最近はサーバーが不安定で繋がらなかったりもする様なので使うならお調べになって自己責任でお願いします。

  3. オオタニ より:

    よろしくお願いします
    ゲイトハブからミスターリップルにXRPを移行するため会員登録をしましたが残高が反映されていません。
    ウォレットにはXRP99.999988となってます。

    ゲイトハブはスマホ機種変更のため二重認証解除お願いメールを送っています。先方からのメール待ちです。
    残高については以前書かれていた方法で確認済みです。
    本人確認とはなんでしょうか?ミスターリップルから書留郵便はまだ来てません。

    お忙しい中すみませんがよろしくお願いします。

    • オカモト より:

      ◎オオタニさん
      コメントありがとうございます。
      Mr.Rippleの本人確認は多分ログインしたら表示されている項目に答える「犯罪収益移転防止法に基づく追加情報のご登録」ではないでしょうか。私も書類などは来ていないですね。
      (コインチェックは来るみたいですが使っていないので正確なことはわかりません)
      Mr.RippleはHPにも書かれていますが最近の急騰でネットワークに負荷がかかってエラーが出たりメンテが入ったりと全体的に対応が遅れているようなのではっきりとした原因は私にもわかりかねます。

      • オオタニ より:

        早速のお返事ありがとうございます
        しばらく様子を見てみます

        また何かありましたらよろしくお願いします

  4. momosasa より:

    非常にわかりやすくありがたく読ませていただいております。

    gatehubの2FAのコードを、アプリを間違えてアンインストールしてしまったことで失念してしまい、gatehubのサポートに問い合わせても1週間ずっと返信がないので心配でしょうがない状態です。
    シークレットキーがあれば送金できるということでMr.Rippleのアカウントを先ほど作ってみたものの、よく考えたらgatehubでのシークレットキーが何かどこにも控えていなかったのでした。。(そもそもシークレットキーなるものがあることをgatehub登録時に知らなかった)
    無知のまま始めたことが裏目にでて恥ずかしい限りですが、やはりMr.rippleにXRPを送金しようとしても、Gatehubのログイン後画面で見られるシークレットキーが分からないと無理ということですよね?

    • オカモト より:

      ◎momosasaさん

      コメントありがとうございます

      2FAの問い合わせに関してはコメント頂いた他の方も『数日で返信があって対応してもらえた』とあったので、相手方の判断次第でしょうね

      もうしばらく経っても返信がなければ、再度問い合わせても良いかと思います。
      私はこちらの記事に書いた様に質問しました
      https://to-manabi.com/ripple-gatehub-2fa

      あと、Mr.rippleに登録する際にgatehubのシークレットキーが必要なのでそれなしで登録してもマイグレーション(移管)できないですよ

      gatehubのシークレットキーはサインインしてWALLETをクリック→右下のadvancedから見つけられます

  5. momosasa より:

    オカモトさん

    お忙しい中ご返信ありがとうございます。
    返信は気長に待ってみようと思います。お金のことになるとナーバスになってしまうのですが
    落ち着かないとですね。。
    シークレットキーの件了解です。無事サインインできたらちゃんとチェックして控えておこうと思います!

    どうもありがとうございました。

  6. オカモト より:

    ◎momosasaさん
    わかります。ご自身の大切な資産ですからナーバスになって当然ですよね。上手くいくことを願っています。

  7. Bai より:

    以前にGate hubログインでお世話になりました。XRPをけっこう初期に買っていたので今回の爆騰でかなり含み益が増えました。まだまだ先行き楽しみなのでホールド予定ですが、やはり基軸仮想通貨ともいえるビットコインやその他の仮想通貨も保有したいと思っています。そこでXRPを一部交換したいのですが、Gate hubでの交換が難解で困っています。ご経験があれば教えていただきたいのと他の方法の方が良いなどあれば教えて頂きたいです。

  8. サトシ より:

    初めまして、教えて頂けましたら幸いです。
    XRPをペーパーウォレットで複数枚に分けて管理しておりましたが、Ledger nano s購入に
    伴いGateHubを使って移行しました。 その際、ペーパーウォレットの数だけ残高20XRPの
    ウォレットが残ってしまい、凄くムダに感じるのですが、纏めたりはできないんでしょうか?

    ご存知でしたらご教授願います。

    • オカモト より:

      ◎サトシさん

      はじめまして、コメントありがとうございます
      残念ですが、ウォレットのアクティベートに必要な20XRPはRippleの仕様上引き出すことはできないとされていますね。

  9. イシカワ より:

    自分も曖昧に騙されつつ投資してしまった一人です。昔しかったRippleをおもいだし、先日、1年ぶりぐらいにGATEHUBというサイトを開いて、exchangeTokyoJPYと言うのを購入してしまいました。

    換金をしようとしたら取り扱っているサイトが閉鎖してるとの情報がでてきました。

    この場、現在もっているJPYはどのような使い道?交換方法があるのでしょうか?

    場違いな質問かもしれませんが
    ご意見頂けたら助かります。

    • おかもと より:

      ◎イシカワさん

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      確認ですが、【gatehubのトレード画面で東京JPYのIOUに替えた】ということで宜しいしょうか。

      でしたら東京JPYに登録して出金手続きをすれば日本円に替えられますし、再度GatehubでXRPにするのこともできるはずです(若干手数料はかかりますが)。

      東京JPY公式のコメント(2017/10/18 確認)より:
      【東京JPY発行のJPYをお持ちユーザへ】
      東京JPY発行のJPYに関しては、円等価資産として出金されますのでご安心ください。



      なお、「リップルエクスチェンジ東京」というゲートウェイ(≒取引所)が以前はありましたが、そちらは2016年頃に閉鎖しています。
      ただ、こちらのIOUはgatehubでは扱っていないので、情報を1度整理されるのが良いかと思います。

      • イシカワ より:

        コメントありがとうございます。
        自分でも不思議なのですが、なぜかエクスチェンジ東京のJPYで取引してます。
        それに東京JPYの登録はしてあるのですが、引き出せるJPYが0となっているので困ってしまってます。もう軽いパニックです。

        アドバイス頂いた通り、一度落ち着いてせいりしてみます。

        • おかもと より:

          ◎イシカワさん

          再度確認しますが、gatehubにログインする→「home」にご自身のウォレットの内訳が表示されていると思いますが、
          そこに「エクスチェンジ東京 ※※JPY(※※=持っている数)」と表記されているということですかね。
          でしたら、残念ですがそのJPYはどうしようもできないのではないかと思います。

          私も試しに、端数が残っている東京JPYのIOUをXRPに替えようと、gatehubの左欄「EXCHANGE」で試しましたが、もう東京JPYは出金業務しかしていないため「Error:Asset is Frozen(エラー:資産が凍結されています)」と出てしまいます。

          ちなみに購入されたのはいつで、どの画面ででしょうか?
          ダメ元でgatehubの「EXCHANGE」でXRPに戻すこともできないでしょうか。

          • イシカワ より:

            ご返信ありがとうございます

            エクスチェンジ東京と表記されてます。

            「EXCHANGE」でXRPに戻すことは出来ませんでした。

            2週間前ほどに、エクスチェンジ東京JPYを購入しました。
            その後に出金出ないことに気づきました。

            gatehubのトレードを見ると、わずかながらXRPとの取引があるみたいなので、そこに出してみようかと思いますが。

  10. エビス より:

    はじめまして・・・
    久しぶりにゲートハブにログインしてトレードの画面を見たところ停止しており、東京JPYのページを見たら『(社)東京JPY発行所の今後の営業に関して 』の記事が目にとまり、???な状況です。
    ゲートハブにはXRPが入ってますが、この場合どの様に対処すればよいのでしょうか?コインチェックに送れるのか?特に購入しただけなのでどう扱えば良いのか良く分からず困惑しております。

  11. エビス より:

    はじめまして・・・
    Gatehubに東京JPYで購入したXRPの取り扱いに困惑しております。(東京JPYの閉鎖)により・・・
    このXRPはコインチェック等に移し現金化出来るものなのでしょうか?
    移す方法なども有れば教えて頂ければ幸いです。

    • おかもと より:

      ◎エビスさん
      はじめまして コメントありがとうございます。

      XRPはrippleウォレットがあればどこでも使えます。
      ご自身のGatehubのウォレットアドレスからコインチェックのウォレットアドレスに送金すれば良いだけです。
      ※ウォレットアドレスはrから始める32ケタの英数字

      ウォレットなどがわからなければこちらの記事を参照してみてください。
      https://to-manabi.com/ripple-q-and-a1

  12. エビス より:

    迅速な回答感謝致します!
    コインチェクの場合、WEBで『受け取る』⇒XRP選択⇒表示されたアドレスをコピー
    ゲートハブの『send Payment』⇒『send to』に上記のアドレスをペースト、『Amount』に数量を入力して送ればよいですか?
    ちなみにコインチェックに移ったXRPは現金化も可能なのでしょうか?

    • おかもと より:

      そうですね。コインチェックは使っていないので以前ある方からご相談を受けた時しか見ていませんがその方法で送金できるはずです。
      送金手数料(ごく少数のXRP)とウォレット内に20XRPは残さなければいけないのをお忘れなく。

      調べましたが、送金したらコインチェックでリップルを選択し「コインを売る」→「数量を入力」→「売却する」→メニューの「日本円で出金する」:振込先の銀行口座を選択(登録していなければ新たに登録)→「この口座に振り込む」→「出金申請をする」
      2、3日で振り込まれる様です。
      ※サイトのフォーマット(仕様)は刻々と変わるものなので実際に使われる時にご確認ください

      「売却する」後のキャンセル不可なので不安があれば最初は手数料がかかっても少額で試すのも手ですね。

      • エビス より:

        ありがとうございます。色々検討してトライしてみます。
        御丁寧にありがとうございます。

  13. エビス より:

    先日はありがとうございます。
    先日頂きました回答で確認なんでうryすが20XRPをGatehubに保有のXRPから20XRPを引いた数量を送金すればよいと言う事ですよね?

  14. エビス より:

    現在のGatehubのXRPをChangelly経由でBitFlyerのBTCウォレットに送金する予定なんですが
    そこで20XRPを残してもChangellyのXRPウォレゥットに送金出来ず手間取っております。
    なぜかエラーが出てしまいます?20XRP以上残さないといけないのでしょうか?

    • おかもと より:

      Changellyを使ったことがないので状況がよくわかりませんが、宛先タグなどの設定はされていますか?
      参考記事:http://kashikoku.info/ripple-money-transfer-caution (外部サイト)

  15. エビス より:

    ありがとうございます。
    Gatehubの取引手数料等が分からず苦戦しましたが無事送金を終えました。
    ありがとうございます。

  16. しづく より:

    よろしくお願い致します。
    どこをどうやっても答えが見つからなく。
    3ヶ月ほど前までは、ゲートハブから送金出来ていたリップルが、
    以下の表記が出て送金出来なくなっていました。
    メール等は全く届いていません。

    GateHub verification rejected
    GateHub rejected your verification request. Please check your email (and spam folder) for further instructions.
    Please note that XRP, EUR and USD deposits will only be credited AFTER successful verification.

    何が検証に引っかかっているのでしょうか。。。?

    何日も色々とやってみているのですが。。。

    • おかもと より:

      ◎しづくさん

      こんにちは コメントありがとうございます
      こちらのメッセージはgatehubを利用するにあたり、最初に提出した書類のファイル(顔写真など)でエラーが起きた時に出るメッセージのようです。
      調べたらオーストラリアの運転免許証で登録した人が数ヶ月前に同じメッセージが出たという投稿がありました。パスポートだと大丈夫という話もあります。
      Gatehub側で本人確認のルールが変わった可能性がありますね。
      サポートサイトにリクエスト(質問)を送って確認するのが良いと思います。

      https://support.gatehub.net/hc/en-us/requests/new

  17. はじめまして より:

    はじめまして、いつも参考になる記事ありがとうございます。
    私も、今回のXrpの値上がりを受けて、これからgatehub→LedgerNanoSでの管理を考え、
    購入を済ませこれから移行しようと、先日より様々なサイトをよんでいるのですが、
    疑問に思うことを相談させて下さい。
    1、どこかのサイトでLedgerNanoにXrpが入る訳ではないと書かれていたのですが、
    ブロックチェーン上(ネットワーク上?)に新しくウォレットが作られて、そのウォレットを開くためのカギとなるのがLedgerNanoSとなる。
    その為、Gatehubのウォレットはもう管理不要である(20Xrpを除けば)。
    2、ウォレットは20Xrpを支払えば、様々な場所で何個作っても問題ない。

    という解釈で問題ないでしょうか?
    暗号通貨というものが、当初Xrpを購入しただけなので、
    いまいち腑に落ちていない感じで、確認の為教えてください。
    よろしくお願い致します。

    • おかもと より:

      ◎はじめまして さん
      コメントありがとうございます

      1. そうですね
      gatehub→LedgerNanoSに移すのであれば確かにGatehubのウォレットは使わなくても良いでしょうね
      ただしリップルは性質上、リップルアドレスさえわかればRippleChartsなどを使ってそこに何XRPあるか残高を調べられるので、誰かが調べても良いように、他人との取引用に残しておくのも良いかもしれません。

      2.その認識で合ってはいますが、「使うため」に必要な額だと少し異なります

      1アカウントあたり20 XRP(常に必要)
      各トラストライン*(接続ゲートウェイ)あたり5 XRP。
      各オープンオーダーにつき5 XRP。

      つまり、取引所で売買するのに最低30XRPは入れておかないといけないということです

      • はじめまして より:

        回答ありがとうございます。
        もうひとつだけ教えてください。
        gateHubで表示されていた「シークレットキー」は、gateHubのウォレットに対するもので、今回LedgerNanoSでつくられた24ケのフレーズで作られる暗号キーがそれに代わるものでしょうか? つまり、

        gateHub上のシークレットキー「s・・・・・・」=LedgerNanoSの24ケのフレーズキー?

        gateHubだけの時は、混乱しなかったのですが、
        LedgerNanoSでのウォレットの場合「s・・・・・・」のシークレットキーが無いので、
        どういう事なのか疑問に思っています。

        シークレットキーが無いと、LedgerNanoSのウォレットはマイグレーション出来ない訳ですが、マイグレーション自体、gatehubとMr.rippleにおける特有なものなのでしょうか?

        今回特にMr.Rippleへのマイグレーションを考えている訳ではありませんが、Webウォレットへのハッキングが凄かったり、今後管理していく上で納得しておきたいもので。。

        お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。

        • おかもと より:

          私の知識で言えば若干異なります。
          シークレットキーはウォレットのパスワードがわからなくなってしまった時や移行(マイグレーション)の時に必要となるものです。
          これは全ての取引所で発行される訳ではありません。例えばコインチェックではシークレットキーがわかりません。
          gatehubや旧Mr.Ripple(現Mr.Exchange)では使えますね。リップルトレードからの移行でも使います。

          Ledgerの公式サイトに「シークレットキーはチップ内に保持され、決して離れることはありません。元帳ウォレットが接続されているコンピュータからも見えません」(原文は英語)とあります。
          LedgerNanoSの暗号キー(リカバリーシート)は、そのレジャーを壊してしまった場合に新しいレジャーで復元する時に使います。

  18. はじめまして より:

    おかもと様
    早速回答ありがとうございます。
    今後も、ブログ楽しみに拝見させて頂きます!

  19. ゲバラ より:

    岡本様 お世話になります。
    gatehubからリップルを送金したいのですが、エラーがでます。コインチェック、バイバンスの両方エラーがでて送金されません。
    残額41から20XRP残してますし、宛先タグなどの設定(バイナンスのみ)しますが、やはりダメです。
    ①パスポートなどの認証は提出してませんが、ウォレットは利用できるという認識であってますでしょうか
    ②エラー表示:Unknown Wallet 。Are you sure? Receiving wallet does not belong to you
    ③上記を無視して送ると、未払い額 送信する残高が不十分と表記が出ます。
    宜しくお願いいたします。

    • おかもと より:

      ◎ゲバラ様
      コメントありがとうございます

      残高が足りないのではないでしょうか?
      リップルは不正に大量のウォレット作成をさせないために
      ウォレット作成に20XRP
      1つのゲートウェイを使うのに5XRP
      1つの取引を行うのに5XRP
      をリザーブとして残しておく必要があります。

      ■以下 gatehub公式サポートより引用
      The main reserve requirements are:
      20 XRP per account (always required),
      5 XRP per each trustline* (connected gateway).
      5 XRP per each open order.
      So if your account holds 50 XRP, has two trustlines issued (eg. for GateHub’s EUR and GateHub Fifth’s BTC) and one open order, the required reserve is 20 + 2 x 5 + 5 XRP = 35 XRP; the remaining 15 XRP are at your disposal.

      ■訳
      したがって、あなたの口座が50 XRPを保持し、2つのトラストライン(例えば、GateHubのEURとGateHub FifthのBTC)と1つの未処理注文がある場合、必要なリザーブは20 + 2 x 5 + 5 XRP = 35 XRPです。残りの15のXRPは自由に使用できます。

      ですので、1ヶ所に送るために30XRP残してみてはいかがでしょうか
      ①に関してはわかりません。それが原因かもしれません。

      • ゲバラ より:

        おかもと様 アドバイスありがとうございます。 ようやく出来ましたので、ほかの方のために記録として残しておきます。gatehaubに合計41XRPありました。
        ➀コインチェックへは、送金受付額は20XRPからのようです。なので、30XRPを残して10XRPは送金不可でした。(預金タグの入力もありませんでした。不足は表示されないのかもしれません)
        ②バイナンスは、25XRP残しが条件のようです、16XRPを送金できました。(預金タグの入力が必要です) 参考になれば幸いです。
        こちらのサイトのおかげでようやくスッキリ出来ました。また何かありましたら、よろしくお願い致します。ありがとうございました。

  20. ゲバラ より:

    おかもと様 アドバイスありがとうございます。41xrp残金送付の件ですが、
    ➀コインチェック側の送金受付が20XRPからのようです。なので上記30XRP残高がのこせずダメでした。
    ②バイナンスは、25XRP残しが条件のようです 16XRPを送金できました。
    大変助かりました。また何かありましたらよろしくお願い致します。