rippleに対する質問・相談まとめ:「アドレス」「キー」

      2017/06/29

画像:ripple(リップル)に対する疑問・質問・相談

最近このサイトやSNSを通じて寄せられる「ripple(リップル)に関するご質問・ご相談とその返答のまとめ:【Q&A】」をご紹介します。今回は「ウォレットアドレス」と「シークレットキー」についてです。

※基本的な内容が多いです。問題なく使えている方には目新しい情報は恐らくないかと思われます。予めご了承ください。

rippleの急激な価格上昇により増える質問

2017年3月末から、仮想通貨の1つであるripple(リップル)が一時期イーサリアムの時価総額を抜くほどに急騰しました。

価格が上昇した理由として考えられるものについてはこちらの記事: 仮想通貨関連投資の今後を考える:詐欺・注意喚起・実例 などでも述べましたが、これに合わせる様にripple関連のご相談・ご質問を頂く様になりました。

そして、話を聞くと同じ様な部分で困っているケースが多いと感じたので、ここでいったんまとめて今後同じ様なトラブルに遭う人の予防に少しでもつながればと思い、Q&Aを書いていくことにしました。




リップルウォレットの「アドレス」と「シークレットキー」についてのQ&A

画像:ripple(リップル)のウォレットアドレスとシークレットキー

まずはこちら、「ウォレットアドレス」「シークレットキー」についてのQ&Aです。分かる人には基本的な用語かと思いますが、意外とこの質問が多いです。

Q.「リップルアドレス(ウォレットアドレス)」や「シークレットキー」が何なのかいまいちわからない

リップルアドレス(ウォレットアドレス)は「r」から始まる32ケタの英数字によって成る文字列で、XRPを保管するウォレットがどこにあるかを示す住所、あるいは銀行の口座番号のようなものです。誰かからXRPを受け取る際は、これを教えることで送ってもらいます。

シークレットキーは「s」から始まる32ケタの英数字によって成る文字列で、「秘密鍵(暗号鍵)」という名前の通り、銀行口座のパスワードのようなものです。人に教えてはいけません。また、後述しますが「マイグレーション」の時に使ったり、Mr.Rippleではパスワードを忘れた際にアカウントを復元するのに使うので、紙などに控えて保管することをお奨めします。

こちらはGateHub(ゲートハブ)やMr.Ripple(ミスターリップル)では生成されますが、東京JPYや、あるいはマルチウォレット(=リップル以外に複数の仮想通貨も管理できるウォレット)を提供する一部のサイトでは確認できない所もあります。

ちなみにGatehubでは最初にサインアップ(アカウントを作ること)をする時に「リカバリーキー:32ケタの英数字によって成る文字列」という、アカウントの復元に使用するためのキーが生成されます。こちらもしっかり保管しておき万一に備えましょう。

補足

正確にはXRPはあくまでリップルアドレス(もっと言えばネットワーク)の中にあり、ウォレットの中にあるわけではありません。

GateHubの様に、1つのウォレットの中に複数のリップルアドレスを持つ場合もあります。イメージとしてこちらの方がわかりやすいかなと思いこの様な表現をさせていただいています。

東京JPY発行所バナー

さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

※仮想通貨取引所に登録する際は必ず二段階認証を行いましょう

Q.「ウォレットアドレス」や「シークレットキー」がどこに表示されているかわからない

特に「シークレットキーがわからない」「どこで見られますか?」という質問が多く寄せられるのでお答えします。

※サイトの更新によって画面は変わることがあるため文字での説明になります。ご覧頂いた時によっては若干違うかもしれません。予めご了承ください。

gatehub(ゲートハブ) のシークレットキーやリップルアドレスはどこで確認できますか?

A.ログインした後、

リップルアドレス:左の財布マーク(WALLET)をクリックして左下
シークレットキー:左の財布マーク(WALLET)をクリックして右下の「Advanced」をクリック→2つ目の項目「Ripple Options」の「SHOW SECRET KEY」をクリックしてご自身が決めたパスワードを入力すれば表示されます。

Mr.Rippleのシークレットキーはどこで確認できますか?

A.ログインした後、左の項目「その他」→「セキュリティ設定」→「シークレットキーを表示する」をクリックしてご自身が決めたパスワードを入力すれば表示されます。

ちなみにリップルアドレスはログインした後の画面を下にスクロールすればQRコードと合わせて表示されています。




 

次回は「送金」「マイグレーション(移管・移行)」についてです。

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 仮想通貨 , , , , , , ,