② 『どう生きるか』『価値観を探す』

      2016/05/17

前回① は『自分自身の生涯、残された時間と仕事を考えた視点から、時間と仕事とお金の関連について述べました。

では、今回は 自分に残された時間をどう生きていくか について一緒に考えていきたいと思います。

 

時間と仕事とお金:自分の人生に「あと何日残されているか」?

人生を逆算して生き方を考える

『アナタの人生は大体あと何日残っていますか?』ともし聞かれたらすぐに答えられますか?

答えられるのであれば、きっとアナタは人生設計をちゃんとしているか、俯瞰(ふかん)で物事を見られる能力を持っている人なんだと思います。

ちなみに僕が初めて聞かれた時は、そんなこと全く考えた事がなく答えに詰まったです 笑

 

事故や病気などの突発事項は除くとして、おおよそは次の計算式で出ます。

25000~30000日 - (自分の年齢 × 365) = *****日

25000~30000日がおおまかな人の一生です。

無意識に30000日の方で計算した方は、長生きしたいのがわかりますね 笑

 

どうです?

アナタの年齢が上であればあるほど、なんとなく

『70~80歳くらいまで生きるのかな~』なんて思っていたのが、

あれ?意外と日数無くない?』ってなりませんか?

僕はむしろ『今までムダに過ごして来た日が多すぎるだろ…』と軽くショックを受けたタイプです。

 

時間と仕事とお金:自分の『価値観』を見つめ直す

価値観

アナタのタイムリミットが見えてきた所で、次は残りの人生をどう生きるかに移ります。

せっかくの人生、少しでも楽しく・ストレスを感じず・やりたい事をやりたいですよね。

では、アナタが本当にやりたい事とはなんでしょう?

多くの人は、

(入試→)小学校→(入試→)中学校→入試→高校→(入試→大学等)

 →入社試験・公務員試験等→入社→定年まで勤務

と、目の前の事をこなしていく決められた流れに乗ってきたため、たとえ時間はあったとしても、あまり自分の価値観を『探す』『考える』事をしなかったため、良くわからない・見つけられないまま今に至っています。

自分の価値観を見つける方法

価値観=自分が大切にしたい事・好きな事

これを見つける方法はいくつかあります。

・『荒唐無稽でもいいから夢を100個書き出してみる』

・『思いつく限りやらなきゃいけないと思う事をまず書き出し、その内の20%だけ抜き出し、残りは捨て、残ったものに人生で大切な順番をつける』

(ex.30個書き出したなら6個に順位づけする)

 

成功者と呼ばれる方々が方法を紹介しているので、ちょっと探せば色々と出てきます。

共通しているのが『書き出す』事ですね。自分の手で書いて目に見える形で持っておくのがポイントです。

ただし、方法を知っていてもやらなきゃ無意味です。

ここで知ったのを転機だと思い、まずは100個と言わず10個でいいので書き出してみるのをオススメします。

……

………

と、こう書いても実際やるのはよくて2割で残りの人は恐らくやりません。

色々な事に当てはまる『ニッパチの法則(別名:パレートの法則)』(物事を構成する要素は大まかに2:8に分かれる)が働くのでしょう。そして『成功を掴む側は大抵2割の方』です。不思議ですね。

 

続く

 

 

記事の著者紹介
札幌在住のフリーランスです。webコンテンツ作成(サイトや動画作成、webライティング講座など)を中心に活動しています。
より詳しくは☞プロフィール
サッカーサイトもやっています☞サカボン

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - お金持ち・成功者に学ぶ ,