ワードプレスの始め方:サーバーの紹介・選び方

こんにちは。今回はワードプレスWordPressの始め方の内サーバーについて解説していきます。

ワードプレスの導入:サーバー

画像:私が考えるサイトの作成に必要なこと

なお、ここでのワードプレスとは『WordPress .org』を対象とします。

WordPress .com ではないのでインストールの際は間違えないようにしましょう。

と言っても2つの始め方はそれぞれ全く別なので、通常は間違うことはないでしょう。

(そもそも.comの方は、アメブロやはてなブログのようなブログサービスなのでサーバーを用意する必要はないです)

wordpressのorgとcomの違いについてはこちらの記事をご覧ください:ワードプレスのcomとorgの違いとは? 間違うと収益0 !?【動画あり】

 

 

この記事がおすすめな方:
 「サーバーって何?」 という人
 ワードプレスを始めるにあたってどのサーバーを選べばいいか迷っている人

WordPress .orgを始めるために必要なこと

ワードプレス(org)を使うには次のことが必要です。

  1. サーバーを用意する:一般的にはレンタルサーバーで契約する
  2. 独自ドメインを取得(契約)してサーバーに設定する
  3. SSL化する:「http」を『https』にしてセキュリティを高めること
  4. ワードプレスをサーバーにインストール

※ SSL化はやらなくてもワードプレス事体は使えますが、今の時代やっていて当たり前という、必須に近いことなので含めました。

このページではレンタルサーバーを契約するまでを解説します。

では続きをご覧ください。

サーバーの種類

サーバーとは簡単に言うとサイトを管理するためデータの置き場所のことです。

これが無いとワードプレスを使ってサイトやブログを作ることができないので、まずは自分のワードプレスを設定するサーバーを決めましょう。

ワードプレスでサイトやブログを作っている人の多くは大体次のサーバーを使用しています。

  • ロリポップ
  • Xサーバー(=エックスサーバー)
  • Mixhost(=ミックスホスト)
  • さくらのレンタルサーバ
  • その他

ちなみにこのサイトは2019年7月現在、ロリポップを利用しています。

おそらく今はエックスサーバーが1番人気です。その理由はもちろん安定性や利便性ということもありますが、個人的にはアフィリエイトの報酬が他よりも高いために勧める人が多く結果的に広まったという側面もあると思っています。

最近 Mixhostの利用者が増え始めたのも、高速表示が売りという理由の他におそらく同様の理由があります。

もちろん、どのサーバーでもしっかりサイトやブログは作れますよ。

各サーバーのプランの選び方

「サーバーが色々あるのはわかったけど、どのプランを選べばいいの?」

という疑問が浮かぶ頃だと思うので、続いては各プランについてお答えしていきますね。

ロリポップのサーバーを使うならスタンダード


ロリポップであれば、ライトスタンダードから始めるのが良いかと思います。

特に表示速度など後で対策することが増えて困るのが面倒ならスタンダードで始めるのが良いでしょう。

くれぐれも、安いからと言ってエコノミープランは選ばないでください。サイトにも書いてあるので大丈夫かとは思いますが、エコノミープランではワードプレスが使えません

ロリポップの詳細:WordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!

エックスサーバーのサーバーを使うならX10プラン


エックスサーバーのサーバーを使うならX10プランから始めると良いでしょう。

某有名サイトでも「月100万PVを超えたらX10より上のプランを考えても良い」と言われています。

Xサーバーの詳細:月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

また、エックスサーバーには新サービスとしてワードプレス専用のwpxサーバーと言うプランもあります。


こちらはワードプレスでしか使えない代わりに機能を特化させて専門性を持たせたものです。

wpxサーバーの詳細:WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

念の為ご紹介しましたが、どちらを使えばいいか迷ったらとりあえずX10にしておくのが無難かと思います。

Mixhostのサーバーならスタンダード


Mixhost(ミックスホスト)はとにかく高速表示がウリのサーバーです。

新しいサービスなので今後色々とサービスが増えそうですね。

Mixhostの詳細:月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー
↑480円になっていますが880円だと思います。

さくらのレンタルサーバならスタンダード




さくらのレンタルサーバならスタンダードがおすすめです。

なお公式HPにある通り、ライトプランではワードプレスは利用できません

また、比較した時にロリポップのライトプランと混同しないように注意しましょう。

さくらサーバの詳細:さくらのレンタルサーバ スタンダード

それぞれの申込み方法について

詳しく解説しているサイトもありますが、まずは1度 公式サイトのマニュアルを確認しましょう。

と言うのも、サービスというのは時代によってどんどん変わっていくものだからです。

一方で、設定方法や使い方を解説しているサイトは公式の関係者が書いているわけではないので最新の情報になっていない可能性があります。

また、公式のサイトと非公式のサイトでほとんど同じ内容を説明していたとしても、使われているデザインや画像が違うだけで初心者は戸惑うものです。

ですので、まずは公式の説明を確認してそれでもわからない部分が出てきたら、改めて「サーバー名 申込み方法などのキーワードで検索してみましょう。

結局どのサーバーが良いの?

ここに挙げたサーバーはどれも利用者が多く、何か困ったことが起きても調べれば情報がたくさん出てくるので、初めてワードプレスを導入する人は好みで選んでもそう困ったことにはならないと思います。

それぞれを比較して安定性や速度などを書いているサイトもありますが、正直どれを使ってもワードプレスを始めたばかりの段階ではそこまで差は感じないと思うので、評判や金額、HPの雰囲気で決めるのもありです。

ただし、サーバーによって初期費用の金額が違ったりSSL化に別途料金がかかったりします。

逆に特別割引などを行っていたり、ドメインを無料でサービスしていたりすることもあります。

これは時期によって変わるので、それぞれの公式サイトを1度見てからお好みのものを選ぶと良いです。

どうしてもどれを選んだら良いか決め手に欠けて迷う」という人は、個人的に選ぶ基準を書いたので参考にしてください。

  • 安さで選びたい:ロリポップ
  • 少し高くても安定性で選びたい:エックスサーバー
  • 高速表示に期待、新しいもの好き:mixhost
  • 費用を抑えつつサポートなどのサービスも欲しい:さくらサーバー

まとめ

  • ワードプレスを始めるにはまずサーバーを用意する(レンタルする)事が必要
  • 主なレンタルサーバーは次のものがある
    • ロリポップ
    • エックスサーバー
    • mixhost
    • さくらのレンタルサーバー
  • 初めてサイトやブログを作るならどれを選んでもそこまで変わらない

最後に、いちばん大切なことは悩みすぎずにそこそこ情報を集めたらあとはすぐ申し込むことです。

どれを選んでも最初はわからないことが多少は出てくるものです。

それはあなたが機械音痴だからではなく、当たり前なことで恥ずかしいことではありません。

使っていく中でわかることも増えていきます。

要は 習うより慣れろ ですね。

【PR】:ブログ初心者向けのマンガ本を出しています

Amazon Kindle(アマゾンキンドル)に出版した電子書籍のPR Amazonへのリンク:1 事前準備編 初心者がブログでコツコツ稼ぐ方法
ワードプレス
この内容を他の人にも教える
このサイトをフォローする

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

ティーアザ

コメント

タイトルとURLをコピーしました