投資の重要性と方法⑤:『株による利益の種類』『選び方』

      2016/05/24

前回④ は『証券口座開設の方法』『NISA口座について』お話ししました。

 

今回は『初心者がとりあえず と考えた際、具体的にどんな株を買うか』について、判断の1つとしてお話しします。

※前も言いましたが、『これを買えば儲かる』なんて株は知りませんし無責任な事を伝える気もありません。

 

株による利益の種類

まず株式には2種類の利益があります。

キャピタル・ゲイン(capital gain):資産の価格上昇による利益の事

例、『株価が上がった!売ろう』→ 売った価格 - 元の価格 =プラス

(マイナスの場合はキャピタル・ロス)

インカムゲイン(income gain):ある資産を保有するこ事で安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入の事

例、株保有→配当、不動産→家賃収入、銀行→利息

※入ってくる収入の事なのでインカムロスという概念はありません

 

投資のルール

『良いものを安く買う』 これがルールです。

 

…「え? 当たり前じゃない??」

と思うでしょう。でもこれが難しいから株は素人は勝てないと言われるんですよ。

 

では、『良いもの』とは何でしょう?

 

『価値が上がると多くの人が期待するもの』でしょうか。

当然、さっきの2つの利益が少しでも多くなると予想されますね。

ところが、『誰もがここは伸びそうだ』と思う株にプロは飛びつきません

 

「ええ?どうして?」

 

それは『割高』だからです。要は誰もが期待してると最初から高い値がつき中々上がらず、逆にちょっとの不安材料でガクンと値が下がる恐れがあるからです。

 

どれが割安なのか、どれが利益をより上げるのかというのを調べるために、

『ファンダメンタル分析』『テクニカル指数』『PER』『PBR』……

などを駆使してみんな日夜研究して戦っているわけですね。

 

しかし、ここは株のサイトではありませんし、あくまで『投資の種類の1つ』として紹介しているだけなので深い解説はしません(そもそもあまりできません 笑)

 

 

ただ、初心者の目安をお話しすると言ったので、あくまで僕の基準を1つお教えします。

『地味で手堅い(値動きが少ない・倒産の可能性が低い)株を探す』

具体的には 『PBR 1以下』、『自己資本70%前後』、『利回り4%前後』、『ROE 高い方が良い』

あとは『時価総額10億以下(小さい会社ほ成長性が見込める)』と言った感じでしょうか。

(PBRとかは気になったら自分で調べてみてください。多分色々なサイトなどをめぐる事になるので、その方が力が付きます。)

 

SBIにはスクリーニングという条件検索があり、打ち込めばこれらの基準をほぼ満たしている候補が出てきます。

この条件だと数える程しか出てきません。

初めての人にとってはその方が選びやすいでしょ? 笑

 

プロが見たら「こんなの儲からない」と一笑に付されるかもしれませんね。

そうです。これは長く持って少し儲かる(かもしれない)レベルの基準です。

 

だって初めて買った株でちょっと目を離した数分で数万円損したなんて悲しいでしょ?

1回目がそんなんだったらトラウマです。もうやらなくなりますよね。

 

あくまで投資の一環としての株の説明なので、あやしい儲け話ではなく、色々な世界に興味を持ってもらうための話です。

 

前☜ ☞次
☞他の関連記事はこちら

 

 

記事の著者紹介
札幌在住のフリーランスです。webコンテンツ作成(サイトや動画作成、webライティング講座など)を中心に活動しています。
より詳しくは☞プロフィール
サッカーサイトもやっています☞サカボン

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 投資 ,