インプットだけでアウトプットしないノウハウコレクターは損:自称中級者が一番痛い目みるんだよ

      2017/07/15

ノウハウコレクターのイメージ

こんにちは。今回は様々な情報をインプット(入力≒勉強)してはいるものの全くアウトプット(出力≒発信)しないノウハウコレクターは損だというお話です。

『自称中級者が一番痛い目みるんだよ』という言葉について

タイトルにも入れたこの言葉は、漫画『HUNTER×HUNTER』に出てくるキルアというキャラクターのセリフです。

年に1回開かれ数十兆のお金(漫画での単位はジェニー)が動く世界最大のオークションに主人公(ゴン)と共に参加した時、ゴンが「オークションとか駆け引きのコツとかだいぶ詳しくなったよ」と発言したことに対して発した言葉です。情報ばかり集めて知った気になるのが一番危険で怖いという、何事にも共通する考え方だと思います。今回のテーマについてもそうです。




『ノウハウコレクター』について

ノウハウコレクター』とは、様々な知識・情報を集めることに満足してしまいそれが目的になってしまっている状態のことです。

せっかく自分で検索をしたり、お金を払って本を読んだり、セミナーに参加してたくさんのビジネス知識を得ても、それをアウトプットしないままでいる人が実は意外と多いのです。

ちなみにノウ‐ハウ【know-how】とは『ある分野における専門技術やその蓄積のこと』です。

 

インターネットが普及していなかった時代はいわゆる「物知り」が重宝されました。しかし現代においては知識があってもそれを使えなければ優秀とは見なされません。もちろん「学ぶこと」はとても大切ではありますが、『インプット』ばかりしていても、それを『アウトプット』していかなければ成果は出せません。更にはインプットの仕方についても工夫が必要です。

インプットについて

ではまず情報収集・知識の習得といったインプットについて見ていきましょう。

効果が薄いインプット例1:ノートを取らない

近年では大学の授業ですら「スマホで教授が書いたものを撮影して終わる」学生が増えているそうです。また私が以前勤めていた会社でも、全社会議に手帳を持ってこない社員がいました。当然これらの人達はそこで得られるはずの知識・教訓などが頭に入りきっていないし、後日別の所でも使えません。

 

知識だけなら本屋にあって誰でも大した額を払わず買えます。授業であれば教科書に書いています。しかし全員が試験で満点を取る事も仕事でトップの成績を出すこともできません。自ら頭を使って話を理解したり、必要に応じてメモを取ったりしなければインプットしたものは定着も昇華もしないのです。

効果が薄いインプット例2:ただ文字を書いている

一方で「ノートを取っているだけ」あるいは「PCに打ち込むだけ」、こういった場合も効果は薄いです。授業や会議について「ノートなんか書いても意味がない」と言ってメモすら取らない人がいますが、こういう「ただやっているだけ」の人々にとっては当てはまるかもしれません。

以前、あなたの『スケジュール管理力』を1ランク上げる方法とは でも書きましたが、メモを取るという行為は『その場で覚えるため(記憶の定着)』と『後から見返して思い出す(記憶の回復)』という目的があるので、それを達成できる様にレベルを上げる工夫も大切です。

メモを取るというのは「教科書のコピーを作る」作業ではありません。『あなた専用の教科書を作る』ということです。

アウトプットについて

次に得た知識を活かすアウトプットについて見ていきましょう。

効果的なアウトプット例1:人に会って話して教える

自分が知っていること、得た知識などを他人に教えることを繰り返すと、自然と教え方の質が上がります。具体的には「話し方」「テンポ」「声の強弱」「間」といった話術のレベルが上がります。

と言ってもいきなりセミナーを開けという話ではありません。友達との雑談からでも覚えたことを意識して積極的に出す習慣を持つと効果的です。その際の注意としては、毎回同じ相手と話すだけだと慣れてしまい効果が薄くなるので、色々な人と話す場に行くことです。

効果的なアウトプット例2:ネットを使って情報発信する

ネット、つまりSNS(ツイッター・Facebookなど)や自身のブログなどでの情報発信もアウトプットのレベルを上げるのに効果的です。

これは「どうすればより伝わるか」「読んでもらえるか」を意識しながら発信することで、文章のレベル(コピーライティング)のスキルが上がります。

その際は「正しい情報か」を意識し確認するとより良いですね。

インプットだけでアウトプットしないノウハウコレクターは損:まとめ

この記事を読んでいるあなたは、きっと『調べたい、学びたい』と思って検索した結果たどりついた成長意欲の高い人だと思います。

ですので、ただ読み流すよりは必要な部分があればメモをしたり、頭の中で自分の意見とぶつけながら読むなどを行うと、より効果的に自身のためになります。

そして覚えた「知識」を『知恵』に変えられる様に色々と発信してみてください。

知識(knowledge)とは: ある事柄について色々と知ること。及び知りえた内容のこと
知恵(wisdom)とは:筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力のこと

くれぐれも板書やネットで書かれたことだけを鵜呑みにして満足する自称中級者にならない様に心がけてください。




 

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 自分に対する思考・マインド , ,