「ミス・失敗例」タグを追加します

      2018/05/24

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回、新たに情報発信のカテゴリー → タグに【ミス・失敗例】を追加します。

「失敗から学ぶシリーズ」のイメージ画像

「ミスから学ぶ」と言っても、「誰にでも失敗はあるので恐れずチャレンジしましょう」といった精神的な話ではなく、私や周りで起きた具体的なミスをご紹介する記事になります。

それらを予め知ることでご自身の活動に役立ててください。

「ミス・失敗例」を作ろうと思ったきっかけ

真偽はともかく、ネット上では「月間100万PV達成!」「月7桁の収入!」など成功者の話や、「幼少の頃は勉強は全然ダメだった」などの昔話を見かけることは多いですが、

「自分はこうやっていたから上手く行かなかった」という具体的な失敗例や、「こうするとミスを回避できます」などのアドバイスが相対的に少ないなと感じたので自分で紹介していくことにしました。

サイト構築や運営、ブログの執筆など情報発信に関して、自分や周りがやったミスや避けた方が良い失敗事例をご紹介していきます。

当初は「カテゴリー」で追加していましたが、ブログ・ワードプレス・ネットビジネス・一般的な仕事など様々なジャンルにまたがる内容だと判断したのでタグに変更します。

 

 「成功例」より「失敗例」を知りたい人が意外といることに気づいた

ほとんどの人が成功したいと思っているはずですが、意外と世に出回っている成功体験は「その人だからできた」「再現性が低い」というものも少なくありません。

そのせいか、私の周りでも「まず失敗を避けたい」と考える人が何事においても一定数いて、「できるかどうかわからない成功例」よりも「ミスを避けてちょっと上手くいく」くらいから始めたい人が意外といるなと気づきました。

「多くの人は得するより損失を避けたがる」という、いわゆる「プロスペクト理論」が働いているのかもしれません。

 

「ミスから学ぶ」に関連した名言

ここで1つ名言をご紹介します。

It's fine to celebrate success but it is more important to heed the lessons of failure.

訳:成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ

by ビル・ゲイツ ─ マイクロソフト共同創業者 兼 元会長兼顧問

「超」がつくほどの成功者でも(あるいはだからこそ)失敗から学ぶことを重要視しています。

もちろんここでの失敗は自信のものを含めた失敗のことでしょうが、この「ミスから学ぶ」シリーズでは「見てくれた人が同じミスをしない」ことを目的として情報提供できればと考えています。

 

まとめ

発信方法は基本的に動画と記事を使って行う予定です。

動画作成は時間がかかるので更新頻度は遅いですが、よければチャンネル登録していただければ幸いです。

Teachig Others YouTubeチャンネル(クリックで別タブが開きます)

 

余談

さっそくこの記事の画像で「ミスから学ぶ」にするところを「失敗から学ぶ」にミスしています。

画像や動画に文字を入れる時は修正が手間なので注意しましょう(戒め)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を読んだ人がチェックする他の記事

 - ネットビジネス