支えてくれる言葉

支えてくれる言葉

「無理だ」「できない」と否定的なイメージにとらわれたら思い出す言葉

今回紹介する「自分を支えてくれる言葉」は代ゼミでの浪人時代、荻野先生のテキストにあった、『人は不可能だと思う時、やりたくないと決心しているのである』。これは「不可能な出来事」が存在するのではなく、自分が否定的になっているだけという意味で、結局可能・不可能を決めるのは自分なんだという事ですね。
支えてくれる言葉

自分の人生をどう生きたら良いか悩んだ時に思い出す言葉

今回紹介する「自分を支えてくれる言葉」は数学者の秋山仁先生が代ゼミの数学講師、荻野先生(接点tなどネタで有名ですが凄い人です)に向けた「てめえの人生がかわいそうじゃねえか」です。自分の人生を喜ばす生き方ができているか?悩んだ時はここに立ち返りたいと思ったこの言葉をご紹介します。
支えてくれる言葉

例え緊張時でも自分がやらなきゃいけない場面で思い出す言葉

今回紹介する「自分を支えてくれる言葉」は『コンパクトよりインパクト』。SMAPの"Let It Be"にも「インパクトがコンパクトにまとまってるんだ」という似た意味の歌詞がありますが、何かをする時には無難で終わっていては続かないというお話です。
支えてくれる言葉

良い意味で「他人は他人でしかない」と思い出させてくれる言葉

今回紹介する「苦しい時に支えてくれる言葉」は「彼氏彼女の事情」に出てくる潮のセリフ『お前のことを知ってるわけでもなきゃ自分のために何かしてくれるわけでもない無責任な他人の言葉に振り回されることはないんだよ』です。誹謗中傷も結局は他人の言葉でしかない。と立ち直らせてくれる言葉です。