自分に向いてる仕事がわかる『4つのポジション』とは②

      2016/10/23

①ではそれぞれのポジションと、自己判断の注意点 について先にお話ししました。

今回は各ポジションの特徴などを掘り下げながらあなたの自己ブランディングに役立つ様にお話ししていきますね。

目次

  • 4つのポジションそれぞれの特徴
  • 4つのポジションで自分をダメにするパターンとは
  • 4つのポジションで自分を活かす方法とは
  • 4つのポジション:補足とまとめ

4つのポジションそれぞれの特徴

4dannkai2

まずはおさらいです。

  • TA(トップアタック):集客
  • TS(トップサポート):顧客化
  • BA(バックアタック):収益化
  • BS(バックサポート):仕組化

本来の自分に適したものとは関係なく、いくつかの能力が必要になるケースもあります。

例えば営業職の人であってもある程度の事務的な事をしなければならない時もあるでしょうし、企画立案だけでなく実行までやる方もいるでしょう。

ですが、その時に特徴を掴んでいるかいないかで、自分を活かしたり逆にダメにしてしまう事があります。

4つのポジションで自分をダメにするパターンとは

1. TA TSとBAを行ったり来たりしてしまう
2. TS 他の領域を一切採用しない
3. BA 他のポジションに進んで自分を見失う
4. BS 枠を伸ばす範囲で堅く他に進出する

TA…TSとBAを行ったり来たりしてしまう

例えば営業力がある人が独立して事務や部下の教育に追われてしまうケースですね。

TS…他の領域を一切採用しない

例で言うなら流行らない美容室です。カットして満足させリピーターを作る力がある事に溺れ、客を増やしたり収益アップする事ができない状態ですね。

BA…他のポジションに進んで自分を見失う

なまじ考える力に優れている分、「あれもこれもやらなきゃ」と優先すべき個所がわからなくなってしまう様な状態です。

BS…枠を伸ばす範囲で堅く他に進出する

サポート部と現場でぶつかる事は僕も体験しました(こっちに一切聞かされていない処理方法を採用していて期限内の処理ができず顧客のクレームを受けた 等)し、余所でも聞きます。

 

では逆にそれぞれのポジションで自分をもっと良くしていく方法をみていきましょう。

4つのポジションで自分を活かす方法とは

1. TA 行動にフィードバックを取り入れる、有利な人の特徴をつかむ。
2. TS 専門家としてショートカットを覚える、体系化する。
3. BA 自分を見失わないようBAを維持しつつ他の3つの分野を全部やる。
4. BS 人に関わる時に不整合がないか確認。データなどの提供が成果を出すか確認。

  1. 営業力に磨きをかけると言ったところでしょうか。
  2. 自分の出来る範囲を広げる、時間や労力の効率化ですね。
  3. 自分の企画ありきで進めていく。集客や事務作業も含めた企画を考えるなど。
  4. サポート役に徹する事で周りの信頼や評判を勝ち取れるという事ですね。

この図においては

隣り合うポジション(TAならTS・BA)には共通する性質が、

対角にあるポジション(TAならBS)には相反する性質があります。

相反する能力はめったに両立する事はありません。ただ、それを悲観する事もありません。

自分は自分であり簡単にはなかなか変えられない』と認める事も大事です。

(そこに固執しすぎて意固地になるのは困りものですが 笑)

苦手な事は他人に任す

これも仕事においては大切な事です。

部下に上手く仕事を振れないで自分で抱え過ぎちゃうお人よしの上司もいますよね。

それだと部下は『信頼されていないんだな』と感じるかもしれませんし、成長の機会も少なくなってしまいます。

 

4つのポジション:補足とまとめ

性格として、左下から右上に対角線を入れた左側は『自分ルール』で進めようとする人が多く、

↓赤部分

4dannkai-jibunn

 

反対側は『他人ルール』(社内規則や上司の命令)に沿って行動・判断する人が多いです。

↓青部分

4dannkai-tanin

 

また、反対側の対角線で区切った場合、左側は『自力で』成し遂げる事に喜びを感じやすく、

↓黄色部分

4dannkai-jiriki

 

反対側は『他人から頼られる事』に喜びを感じやすい傾向があります。

↓緑部分

4dannkai-tariki

いかがでしたでしょうか?

自分の特性を知り、それを活かせる仕事ができれば自ずと成果が現れます。

今後、もしあなたが独立を考える時は、限られたリソースをどう分配し、

『自分がやる部分』『任せる部分』を明確にする事が成功の鍵です。

※当サイトのご利用、いつも応援して下さる方 ありがとうございます。ブクマやコメント、シェア共有など励みになります!

※当サイトはリンクフリーですが、記事の無断転用ではなくリンクでの引用をお願いします。

 - 自分に対する思考・マインド ,